1月3日

小野正利の歌声に感動した。
「You’re the only...」

2019元旦に。

明けまして、おめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
これも恒例、手帳に今年の目標を立てる、年々しつこい長文になる、歳のせいか!?売上、事務所の方向、自分のしまい方、後に残すこと。

長文で失礼します。
母が亡くなってからの16回目の我が家の恒例行事、大晦日から父と子供達と一緒に迎える元旦。
昨年体調を崩した父が旅行は自信がないと言い出し、今回はいつもにも増しての散財、知り合いに無理言って取ってもらった市内のホテルで過ごしました。
元旦に落語好きの父と一緒に‘御神酒徳利’、父は演芸が好きで、あの役者は、あの演目は、などと語り出すと止まりません。
こちらのホテルの方々は会場ごとに、私なんかにでも「ご無沙汰です、アレルギー大丈夫ですか、楽しんでいただけてますか?」(私にこのネタは付き物)、父には「いつもお世話になってます」とご挨拶いただけます。
「ここのホテルはやはりキチンとしているなあ」
父はよくこの‘キチンとしている’評価をします。
父は今でも外出の際にはキチンとジャケットを羽織り、胸には必ずロータリーバッチを付けています。
私に「早くに辞めてしまった会やけれど、やってきたお陰で、このホテルの人たちのように、沢山の‘繋がり’ができてるやないか、
巷でコネクションが悪のように言われるが、世の中は‘繋がり’で成り立つもんや」ほんま、ほんまと。
こんな会話を子供は黙って聞いています、今はこんな機会が少ない若者が多いのかも。

これも恒例、父が元旦の朝に毎年口にする「来年は僕はいないから」
それが、
「昔は誰々が二十歳になるとか社会人になるとか、の頃には僕は生きていないから、と言ってたが、
蕗(1番下の孫)が就職する、そして東京オリンピックの2020年、
きっと僕は生きてる気がする」
笑顔でした。
うちの子供たちは、手前味噌ながらなかなか良くできていて「大晦日と元旦の朝は家の中に1人だと寂しくて死にたくなる、というおじいちゃんの為に必ず家族で過ごすから」という約束を守り続けてくれている。
えー、来年も気に入ったホテルでの迎春、またこれからもと言われたらと、また年始に口カラカラの緊張味わってます。

ここからはホテルの年末年始はどんなものかという備忘録。
ホテルの中で過ごす年末年始は、それはそれは贅沢で、大晦日に過ごすに最高の夜景のジャスミンガーデンで子供達揃っての夕食、鮑やふかひれ姿煮もありゼータク過ぎ他、子供らには。
誰が歌ってんの?と言いながらの毎年の家族で観る紅白歌合戦、ユーミンと米津玄師と嵐は良かった、
なだ万の揚げたて天ぷら年越し蕎麦、
日曜はピアノ気分の西村由紀江さんのカウントダウンコンサートは私1人、見知らぬ人とのシャンパン乾杯でも心が弾み、
子供達はホテルには宿泊せず自宅に戻り、朝はまたホテル集合、
おめでとーとお屠蘇ではないお酒となだ万御節を頂き、父は記念の升を持って帰る、
お祭り騒ぎのホテルの縁日やビンゴゲーム、なんだか父は楽しんでるようだった、
父は縁日チケットでマッサージ、私はガチャガチャ、娘たちは占い。
父の好きな落語を一緒に聴く、鴻池財閥「御神酒徳利」、やはり古典落語は面白い!
こんなお正月過ごし方、価格には少し驚きましたが、
父は「体力に自信がなくても、至れり尽くせりのホテルから出なくてよいお正月はなかなか良いな」と、嬉しそうでした、気に入ったのか半額払ってくれたので気が楽になった。
もし来年もここに来たいと言われたら、また松田さんにまたお願いしなくちゃ、稼がないとなあと年始に強く決意です。
松田さん本当にありがとうございました。

本日はとある顧問先、ご勇退された会長のお疲れ様会。
お付き合いはリーマンショックの日本経済が、特に中小企業経営が最悪の頃。
一年近くスポットで雇調金申請を担いました。
地獄の時代、世は経済暗黒、「明けない朝はもしかしたらあるのか!?」
私は助成金で失敗をし、この大変な時期に助成金取れないという迷惑をかけた。
その上、私は覚えていないが結果、言い訳をした、
確かに忙しかった、しかし会長から
「経営者が失敗を社員のせいにしたらあかん!」と大きな声で叱られた。
落ち込んだ、けれど、この時の自分の情けなさ、悔しさ、は今の私の力になっていると思う。
それなのに会社が落ち着いたら、顧問契約をいただいた。
とても感謝している、以降もいろんなことがあった、その度色んなやりとりがあった、私も会社のために一生懸命させてもらった。

感謝の気持ちと、心からのお疲れ様でしたの気持ちを込めて、乾杯の辞を述べさせていただきました。

33年間、経理を支えた女性課長、5年前に退職されても会長とはお付き合いはあるようです、会社がしんどい時、自腹を切って助けたこともあるとか、今の時代にはあり得ない逸話です。
その女性課長は実はこの8月初旬に買い物途中に倒れ、救急搬送されて、一週間ICUに入っててんて。
この日を生き甲斐にリハビリして階段まで登れるようになったとか、
握手しました、
また会いましょう。

Nisshin

お世話になった渡辺社長がご勇退。

「こむすめに労務のことを口はさめるか!?
何年、トップ張ってるとおもうてんねんっ!」と、

叱られながら、会社で顧問契約を頂き、今での年に三度の研修をさせて頂き、
面倒なこともややこしいこともあるけれど、
出会えたことが最高の方です。
いろいろありますが、トップの経営者でした。
世界の絶景写真集をお渡ししました。
長い間お疲れ様でした。

Photo_2

歳食った。

今は未だ56歳。

来年は57歳。
年上の友人も多いから、なんだかちょっとだけ若い気がするけれど、
いや、アカンし、ウソやし。

孫もいる。
寄る年波に勝てず、私の関節は昔から年々年老いていくし、
体系も顔つきも肌も頭の回転も、かなりポンコツになってきた。

あれ忘れた!?だの、
近づけても近づけて何書いてんねん!だの、
昨日なに食べた?だの、
あれ?何しなアカンかったんやっけ?だの、
明日の予定どうやったけ?だの、
お母さん、また置きっぱなしで忘れてる!だの、
あー探しても探しても見つからへん!だの、
あれ?ここはどこ?自分の立ってる方向わからへん!だの、
あー!今電話でアポいつって私言ってた?だの、
気づけば眼鏡の上に眼鏡、時計の上から時計!だの、
あーあ、やっちまった!だの、
そんなことを気にしていたり、落ち込んでいたら、
生きてはいかれへん。

そうそう、昔の人ならとっくに死んでるもん。

まだまだ、
ガンバラナあかんのか~

落ち込む程、無駄な時間は無いのだ。
私の残されている時間は神のみぞ知る。
毎日、今より先だけを見て、
頑張るもん。

今日は相談当番日。

本日は日曜ですが、
事務局Mくんに頼まれて、
外国人の総合相談日。
大して疲れてないけれど、
いろいろほんま嫌なメールをもらうことあって(言い訳)
餃子ビール。
ひとくちくちにしたら、
涙がでそうなほど、幸せな気分だわ。
Image


2017夏季賞与、、、面談。

みんな頑張ってくれて、ありがとうー。
私を支えてくれて、ありがとうー。
っで、賞与面談とお中元山分けタイム。
もらう方も大変だろうけれど、
出す方も大変なのだ。

ひさしぶり。ネタ

ブログから遠ざかっていた。

遠視(多分)になったせいで、電車移動中に記事が書けなくなった。
エラくなって、電車移動は格段に減った(単に、ドサ周りが格段に増えて合間合間に電話してるだけで精いっぱい、ブログなんて書いてる暇がない)
年取って、感性が鈍くなった、なにかしらに記事書けるほどの思いがなくなった!?
若い時はいろんな感性で、さまざまな事を見て感じて思いを共有したい、からブログを書いた。
今は、”自分がどう見えるか"を気にし過ぎて、ブログ記事が書けなくなった。
かもしれない。
最近は、
いつ私の人生は終わるのか。
仕事はいつまでやれるのか。
ってことを真面目に考える。
(考えて解決できる問題ではない)
どう想像力を働かせても、
私という人が老人になって、静かに暮らす、とういうことが、
無い、
気がする。
ネガティブトークではない。
誰よりも、
介護で、
最期の人をみてきたのに。
なぜだろうね。

朝カレー

これ、
やっちまいます。
飲んだ翌日カレー。

悟が結婚する。

Img_0016_2

悟が結婚する。

あの"悟が!?”

どんだけ迷惑と心配と手間とお金を使わせてこられたか。

ついこないだまで、

私「あんたさあ、結婚するって大丈夫!?普通の生活送れるの?ちゃんとして人間らしい、まともな生活と感覚」

悟「うん、俺もそれが心配で、決断できひんねん」

私「全然変わってないし、自己チュー極まりないし、だらしないことも世界一やし、だいたいからさ誰かと一緒に暮らせるの?飽きたわ、とかアカンねんで」

悟「そこまで最悪に自分の息子との事言わんでいいやんか!?」

私「でも、私はあんたを一番知っているから言うねんで、ほんま大丈夫!?ちゃんとせな、捨てられんで」

悟「ほんまやなあ、俺も自分をなかなか変えられへんし、自分で心配やわ」

私と悟「・・・。」

今日は衣装合わせらしい。

写真を見て、まず彼女のかわいいこと、ほんま悟にはもったいない。悟の写真を見て、

初めて実感がわいてきた。

もしかして、本気で結婚するんやね。

感慨深いものがある。

と、いうことは普通の親子ならもっと、そりゃお涙頂戴モノになることは間違いない。

あちらのお母さんのこと考えただけで、泣けてくるじゃないか。

Img_0052_2

秋の結婚式が思いやられるよ。

ご無沙汰ネタはサトルから。。。

昨日はあかちゃんの先月から持ち越し続けた、あかちゃんbirthdayご飯会。

仕事帰りのさおちゃんと待ち合わせ、オンナ3人でモツ鍋を食べる予定。

これが、昔から、私は親子ながらに感じていた”運”で絶対に負けてしまうサトルよりタイミングピッタリに電話。
「今日は予定どうなってんの!?夜ご飯ご馳走してくれへんかなあ」

ここまで来たら、しゃあない。

「え、今日はあかちゃんたちと晩御飯食べに行くねん」

「オレもいく」
サトルと私はさおちゃんとあかちゃんの待つ、もつ鍋屋に行った。

店に着き、椅子に座った途端。

「さおちゃん~、大好きなおにいちゃんに会えて嬉しいやろ~、な~さおちゃんっ!」


と、妹のさおちゃんにベタベタくっついている。

さおちゃん、マジキレの表情で
「うっざ、ホンマうっとおしいから、離れて~っやっ!」
「また、そんな無理せんでもいいやん~、なあ、あかちゃん」

あかちゃん、スマホからちょっとだけ目線を上げ、
「はっ!?意味分からんしっ」

「なんで、お前らそんな無理すんねんっ?カッコええお兄ちゃんが大好きなくせにい!!」

と、終いには、相手すらしてもらえなくなり、

妹の小皿に自分の食べた後の唐揚げの骨をほおり入れたり、

お鍋に手を出した妹の手の上に、おもむろに自分の食べかけのニラを乗せたり、

「なあ、あかちゃん、

お兄ちゃんに悩みがあったら、言うてみ!なんでも聞いたるからなあ」

っと、視線すら合わせてもらえない妹にちょっかいばかり出すサトル。

店を出た途端、さおちゃんの足を踏み踏み、赤ちゃんのカバンに手を突っ込みモノを盗もうとする。

「うざいんじゃ、しねっ!」と終いには妹たちに、汚いいけない言葉すら浴びせられても、サトルは全く動じない。空気なんか読まないやつなんだ、相手が嫌がるのを嬉しがる。

「なあ、さおちゃん~」
「なあ、あかちゃん~」と、
ちょっかいばかりかけ続ける。

この子は、子供のころからそうだった。

一度なんて、塩焼した生カマスの口に、妹の指を持っていき、

「ほら!さおちゃん!、魚に指かまれんでえ!」っと、

カマスの口をパクパク動かし、
しかし生カマスの歯は焼いても尚鋭く、

たった、3歳のさおちゃんのちっちゃいちっちゃい鋭い生カマスの歯は指に刺さり、そして血が吹き出し、

アホ兄を持った可愛そうなさおちゃんは、
その痛みで「ぎゃあ~っ!」と泣き叫ぶことになってしまった。

っで、サトルは傍にいた父親や祖父に、大声で、怒鳴られる羽目になった。

そして、それから暫くの間、さおちゃんは顔のある魚に凄く怯えるようになった。

「がきゃ!お前は、また、

要らんことをしやがるっ!」

と、いっつも口の悪いマサオさん(サトルのおじいちゃん)に怒鳴られてばかりいた。

もうサトルは27歳、さおちゃんは24歳、あかちゃんは22歳。

立派な成人した大人とは思えない、

兄弟げんかを繰り返し続けるのは、

やはり長男であるサトルのどこか欠落した人格のせいかもしれない、

と、母親ながらに子育てに反省しながら、
「サトルっ!いい加減にしろっ!!」と怒鳴りながら、

何故か、昔から、



大爆笑してしまうのであった。

「生き方」稲盛和夫

あけましておめでとうございます。

毎年、年初に背筋を伸ばして読む本。

稲盛和夫さんの言葉です。

今年の私の言葉にします。

「有意注意」
意を持って意を注ぐこと。
つまり、、目的をもって真剣に意識や神経を対象に集中させることです。
たとえば、音がして。反射的にそちらにパッと向く、これは無意識の生理的な反応ですから、いわば「無意注意」です。

あらゆる状況の、どんな些細な事柄に対しても、自分の意識を「意図的に」
凝集させることです。

ただ漫然と対象を眺めていたり、注意力にムラがあるようでは有注意にはなりません。

「有意注意」はたとえていえば錐を使う行為に似ています。錐は力を先端に一点に凝集させることで効率よく目的を達成する道具です。
その機能の中心は「集中力」にあります。
錐のように全力で一つの目的に集中すれば、だれもがかならず夢をなしうるはずです。

41tpq6ndt3l__bo2204203200_pisitbsti

私も何十年生きてきました、それを肥やしに結果を出すために、

そして、頑張って花を咲かせるために、

時間はたっぷりとあるわけではなくなってきた。

やたらめったら、走り回ってもダメ、

「有意注意」一点集中させて、自分のなし得たいことに注力して、

必死に努力して、

成果を得ます。

そのために、何をすべきかを、意を持って意を注ぎます。

はい、胸に落として一年、

頑張ります。

疲労。

車で枚方からの帰り、
カーナビの


「イマイチ
を右です」に、

イラっ。
疲れてるかな。

今日の晩御飯。

今朝は顧問先研修業務。
久しぶりのネタだし、少々プレッシャーあり、ながらなんとか終了。


きょうの夜は、
初めてマンションお隣の奥さんと晩御飯する。

『自治は自らつくるもの』との思い、かたくるしい!?
安全な住みやすい環境は自ら作らなくちゃ。
それには、まず、人間関係でしょ。
私はマンションで会う人会う人、声をかけまくる。

その中で、そのわかい彼女は、
いつもニコニコして、
とっても感じが良い。
『ご近所でご飯食べに行きましょうよ〜仲良くなりたいし』思いは本気なんだが、なんせ
週末にも空いてる日が少なく、オオカミ少年のように口先だけオンナになりつつある。
そんな中で、隣のトモコチャンと念願の晩御飯に行く。

こんなオバサンとご飯に行くなんて、良い子だよねえ。
でも、彼女、
いつも、
マンションで会う私に、
満面の笑顔で
『お疲れ様ですう〜!』と、挨拶をしてくれる。
嬉しいし、思わず微笑んででしまうのだが、

『私は、上司かっ!?』
と、突っ込みたくなる。

お待たせしましたっ!

皆様にご心配をいただきました、

「鉄の女ブログ」復活です。

有料契約しておりまして、プロバイダに文句言い言い、

復活。

こうなると、私にとっても結構大事なものの一つだったと

嬉しい限りです。

これからも、よろしく~!!

«二度見ネタ( 多分、パート56くらい!?)