« やってられへんしぃ~ | トップページ | 映画観てきました編 »

2007/06/21

明治生まれのマサオさんPARTⅡ

みなさまのリクエストにお応えいたしまして、大好評ネタ。明治生まれのマサオさんシリーズ。

彼は私の舅でした。

マサオさんの杖は、彼の体の一部と化していました。

洗濯をして欲しいとき、決まって朝の7時。ピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ン    一度インターフォンを押すと私が出るまでボタンを押し続けます、それも杖で(あっそうそう、町で私を見かけると、杖で私を引っ掛けて「おい!」と呼びます)

またかよ!?「はい」って私も若気の至り、直接ドアは開けません。するとマサオさんは負けじと「はい」私も誰だかわからない振りして再度「はい」するとマサオさん「はい」またまた私が「はい」マサオさんも「はい」。殆どの場合、私が根負け。明治生まれの根性には到底敵いません。ドアを開けると鋭い眼差しで

「今から風呂入るから洗濯な」

私は、やはりむっとして「今日じゃないとダメ?出掛けますが」と反撃に出てますが、完璧無視。「あかん、今からなっ!」

マサオさんの箪笥には山のように下着が入っています。しかし、マサオさんはワンセットしか使用しません。もちろん意味は不明です。

真夏でも2週間に一度だけお風呂を沸かし、ゆっくり全身をくまなく洗浄している間に下着の洗濯をしてもらって、お風呂から出たら暑いから三畳のテレビルームで両肘をつくスタイルで、テレビを観て過ごします。、そう、裸で先ほどまで着用していた下着の乾くのをテレビを観ながらまんじりともせず待つのです。

他にもイッパイ着るものあるやん、今日洗濯せんでもいいやん。

私が反論しますと、物凄く怒ります。

「がきゃっ!あほっ!」先ほどの下着が乾かなくても、自分の思いは変えません。湿ったままの下着を身に着けてご満悦です。下着はズボン下3枚、丸首シャツ1着、ランニング2枚、靴下、バンツ(冬場は各プラス1)

お風呂も2週間に一度のペースでは不潔、下着も2週間も着たままでは臭い、そのうえ湿った下着はカラダに悪い、私は助言します、当然のごとくマサオさんは、そんなおバカを言う私を許す訳がありません。

「がきゃっ!ワシは昔は3年間風呂にも入らへんし、雨に濡れっぱなしでも、なぁんともなかったわ!」

だから、それは戦争中に兵隊さんとして行ったんやってば、一緒ちゃうやん。

つづく

« やってられへんしぃ~ | トップページ | 映画観てきました編 »

マサオさんとアキコさん」カテゴリの記事

コメント

麦藁帽子から覗く眼が鋭かったのを、何となく覚えてる。
手作り野菜を持って、ピンポーン・ピンポーン・ピンポーン・・・。
直に接した事はなかったけど、Keruちゃんから聞くマサオさんネタに「え?それホント?」って思ってた。
でも実は、普通のお嫁さんなら超嫌がるような舅をネタにして、そんなに大変そうじゃない風にしてしまうKeruちゃんの強さに、驚いていたっていうか感嘆してたのよねぇ・・・。


ムーミンさんへ
あんなオトコには、もう一生会えないやろうな。
なんせ明治オトコやからね。

そうそう、野菜を作っててさ、無農薬が自慢。
でも、あんまり上手じゃなかった。

大根には物凄い量の虫がつくのよ。それを夜中にコーヒーの空きビンを片手に割り箸で一匹一匹捕獲していました。
そして、夜の12時頃ピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ンピンポ~ン私が、大体の見当はつきながらも、イヤイヤ玄関口に出ると、
「今日はな100匹獲ったで、お前に見せたろう思てな」
イランちゅうねん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206078/15513555

この記事へのトラックバック一覧です: 明治生まれのマサオさんPARTⅡ:

« やってられへんしぃ~ | トップページ | 映画観てきました編 »