« キーボードの謎 | トップページ | THE BOURNE ULTIMATUM  »

2007/11/10

まぁ言えば同窓会である宝松会

まぁ言えば同窓会のようなもの「宝松会」という集まり(正式には団体名ですな)があります。

2007

これは、とある小学校のPTA本部役員が自動的にメンバーにシフトする、逆に本部役員を経験しないと入会できない由緒ある会です。

一時期わたしは、なんで本部役員になったのか?とう質問に

「宝松会に入りたかったから」

なんて言っていたくらい、何というのでしょうか”古きよき(そりゃ悪しきもあるかも知れない)時代の序列のある人間関係の集まりです。みなさま素晴らしい方々ばかりで、地域の子供たちを地域の目で見守り育てる教育について常に真剣に考えてくださる方々ばかりです。

そして、なにより歴史がある。

歴史は引き継がれていくべきだと、私は考えます。

もちろん、変えていくべき変わるべき姿は必ずあります!ですが、

今は、どうしても「ムリ」が「ムダ」になりつつある。

「ムダ」を全て排除していこうとするのは危険です。歴史には、理由があって、創りあげる過程は重要な意味を持つ。

「新しいモノ」も初めは排除され、淘汰され、認められて、そして常識になる。

その過程を全て捨てるの事は、危険です。

新しいものを認めることよりも、その過程を含めた「新しい」を作り出すことのほうが困難なのかも知れません。

なんちゃって!?

« キーボードの謎 | トップページ | THE BOURNE ULTIMATUM  »

行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206078/17106752

この記事へのトラックバック一覧です: まぁ言えば同窓会である宝松会:

« キーボードの謎 | トップページ | THE BOURNE ULTIMATUM  »