« 時代の波 | トップページ | Happy Birthday 其の一 »

2008/07/13

後悔。

昨夜は仕事が京都方面で。
久しぶりの阪急電車busでご帰宅です。

そしたら、、、たまたま同じ車両に乗り合わせた
何年振りかのご無沙汰ヴィヴィアンさんribbon
全く変わらないアクティブなご様子でした。
10年以上前に地域のボランティア活動で、何度もご一緒させていただき、大変お世話になった方です。
Pami1
それは震災の炊き出しから始まった活動で、彼女のバイタリティは一種独特で優雅な生い立ちが生み出したポリシーが由来するのか、回りから敵対視されることも多かった。

でも、わたしは彼女の
「私たちは、愛です!heart04の意味不明な思想が好きでした。
エゴとも私利私欲ともみえてしまうような強い自我をお持ちで、相反するところでの利害の対立や奪い合い、
そして究極は正義と高い志と名乗るものに身を引くことになった。
私も何年間、彼女たちとボランティア活動をさせてもらっって、それは結構一生懸命で。
私の中には、高い志も強い信念もなかったし、ただやるべきことがあるなら誰かがやればいいのが
ボランティアだと考えていたから。
震災の時のみんなの、何と無く心細い中での一体感を思い出すと、
彼女たちと一緒に作っていた仲間や活動が、正義と語る者につぶされたことに涙が出そうになる。
何かは間違っていたのだとは思う。
誰かが間違っていたのかも知れない。
そして私は、不甲斐無い自分に今でも腹が立つ。
彼女に対する感謝と尊敬の思いを全く伝えられなかったこと。
そして今では、もう口に出すことすらできないほど時が流れてしまったこと。
他愛もない世間話の中で、彼女はポツリと言った。
「あんなに必死にやっていたこと、離れてみたら物凄いちっぽけな出来事やったんやね」
「いいえ、ちっぽけではなかったですよ、一つの時代でした」
私はそう言うのが精一杯でした。
本当に感謝しています。

« 時代の波 | トップページ | Happy Birthday 其の一 »

思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206078/41825748

この記事へのトラックバック一覧です: 後悔。:

« 時代の波 | トップページ | Happy Birthday 其の一 »