« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/29

ゴルフだけ、ちゃうよ。

ゴルフだけ、ちゃうよ。
これからを頑張らなきゃと、意を新たにする。

なぜだか、
いや、やはり
お正月の私は年末業務引っ張ったままで、この年度末、今頃年の初めの決意表明。
夢の国、ディズニーランドに行って何やかや現実逃避しようとしたけれど、ごまかそうとしたけれど、考える時間が多く、事務所のこれから、私のこれから老後まで、考えちゃいました。。。

そして当事務所は変革の年を迎えるから、
不安と
不安ばかりで。

そして自分の老後を真剣に作らなきゃ。、
できなかったことが最近は多くて、人に迷惑かけたことが山積みで、

やはり決意を新たにやらなきゃね。最近の自分は反省することが多くてね。

自分の力を付けなきゃ、頑張り続けなきゃ、いや死ぬ程やらなきゃ、
多分、終わってしまうなと武者震い。今が勝負時だと、気が付いてんだから。

成長したアタクシをご披露できるようにしますね。弱音は吐きません、しんどいと言いません、そして泣きません。
(ほんまかなあ)

長い時間ぼぉっと並んでると、考え事は反省か落ちるようなことばかり。。。

ってことは、毎日バタバタしていることが強気の所以かっsweat01と、いうことは考え事を長時間するってのは不健康なんだspa

なるほど。考え込むの止めようっと(ちょっとは、思慮深く反省しろって?)

びっくりした。

千葉県
舞浜駅の改札で、さおちゃんにポンって、、、

「さおちゃんっ!」
「!?」


ご近所の"ニイダシ"さんだ。

我が家とニイダシさんちは、同じ並びの約200メートル。
待ち合わせしたくっても、会えないディズニーランドで。


子供たちは小学生の頃、同じ登校班だったけれど、
中学は離ればなれで
家が近所でも、もう何年もお目にかかったこと無いなぁ。
これは、何か偶然に繋がっている部分が力を発揮したんだな。
びっくりした。

2009/03/28

待ち時間に。

最近、って、月日が経つのは早いもので初めてゴルフネタは2007年8月4日の土曜日、余りお付き合いさせていただいておらず、緊張するわさぷろふぇっさーしょうちゃん先生と同時期開業苦楽を共にする(?)僚友たかちゃん、真夏灼熱マスターズ。

あれから数を重ねて、いよいよ鈍クサさを認めざるを得ない域に達してきてる。。
私ってね、子供の頃から全く役に立たなく意味の無い数字が頭に残るオンナでね(どんな数字ならという根拠が年オンナにして定まらないんだが)

次が929高槻カントリー、次が321同じく高槻カントリー、419竜王、54同じく竜王、524ディアパーク、612ドラえもん焼け千刈、79、719、814竜王、927読売宝塚、124豪雨の竜王、125懲りないディアパーク、年が明けて117堺カントリー、321神戸カントリー、まだある44千刈カントリー、入場新三田。(だいたい合ってるはず、一回抜けてる部長とMr.ぐらすほっぱーとご一緒したマスターズが。)

これさ、ディズニーシーアトラクション待ち時間に空で書いたの、よお覚えてない?(受験時に「毎月決まって支給する給与」の数字を覚えててさ、皆に「要らんしっ!」て突っ込まれたもんよ。

前置きはさておき、前置きかいっ!?)

これだけ行っても、「ごまめなゴルフ」昼食時やラウンド時の会話の内容が、負けず嫌いな私が人が変わって理解できずに放置プレイ。

まあ今の私は、用語や理屈から入るべきではないし、あるとしたらベストドレッサーな衣装だけかしらと。。。

それがさ、
最近、ゴルフ用語でハマったのがある。一人で思い出してはにやける程のお気に入り。

「よいではないかショット」

さとみちゃんたら、ミスショットだったらしく、打った瞬間に黄色い叫び声!
あれえぇぇぇ~~!
そこに、すかさず、しょうちゃん先生の美声突っ込み。
よいではないかっ!!」

むちゃ、大好きやわ。

そやけど、やっぱりTDLやねん。

そやけど、やっぱりTDLやねん。
夢の国、ディズニーランド今日は。
(ある意味、ここは治外法権なのよ。独占禁止法なんて関係ねえ、価格破壊なんて問題外)

ディズる
ランド内を行き来するうち、ある時から金銭感覚は麻痺し、夢のような景色がサブリミナル現象を誘引し、購買抑制機能が破壊されること、もしくは購意意欲が増幅する神経現象をいう。

今日は、入場制限が朝の10時に出たほどの混雑。この不景気にTDL一人勝ちなんだと。

さっきから、もう120分並んでてインディジョーンズ。退屈でメールするか、記事打つしかないよ。
立って並んでても、日々の不摂生が祟り、
ねむいっ

2009/03/23

ヴィレじる。

最近ねチョー自己中なやつに出くわしましてね。

これは、周りのみんなが甘やかしてしまった産物だという結論に達した訳ね。

それで、

甘やかされることを、そのやつの名前をもじって言うとホント意味がわかりやすくって、中々よろしいんでございますが、やっぱり語弊があるじゃん。

ヴィレッジ。。。から取って

”ヴィレじる”という事にしてしまいます、このブログでは。

みんなで私を甘やかさないでよ。

ゴルフでも何でもさ。

みなさま私に辛辣なお言葉を下さる割にシュガーな寛容さをお持ちになる方が多いですやん。

私もヴィレ化しますことよ。

お気を付けあそばせね~おほっほっほっほ。

今日はゴルフの日

普通じゃないゴルフの腕前。

まぁ、将来性はないとして

何故だか、また数を重ねるゴルフラウンド。

このまま、年を重ねていつになったら

自分から人を誘っていけるようになるのか。。。

もしかして、ゴルフって私の試練なのか?(ってことは、試練ばっかじゃんwobbly

2009/03/19

お誕生日PARTY

今日はHAPPY BIRTHDAY カラオケPARTYの日です。

お約束どおり

なみへいの手作りケーキがやってきた。

それがさ、本人の謙遜とは打って変わって上出来じゃない?しょうちゃん先生、しもぴ、たかちゃん大絶賛。

たださ、ここで”オンナ”を上げても、なみへいの人生においてプラスになるのかっsweat01

それを、この場の人たちは誰一人として気づいていない(要は、わざわざこの日にケーキ教室の日程を合わせて、ケーキを焼いてくる持ってくるなみへいと、ここでしか手作りケーキを味わえない男たちの寂しさのアンバランス。。。)実は、この悲しき絵ヅラに誰一人として気づかないことが悲しいんだよ。なみへいは可愛くってアイドルではあるんだよね。そしてちょっとした彼女の行動に涙を流さんばかりに喜ぶオトコたち。

Cid_01090323005436______p03adocom

ケーキは本当に美味しかったよ。上出来です。どうみても手づくに見えない、思えない。

しかし彼女がヒルトンホテルにケーキ作りを習いに行ってることには腑に落ちない夜であった。

2009/03/15

おつかれっ!

北海道やったねん。
 
旭山動物園みやげサル3匹。
花畑牧場 生キャラメル
カルビー じゃがぽっくる六花亭 マルセイバターサンド
ROYCE 生チョコレート
LeTAO ロイヤルモンターニュとドゥーブルフロマージュ
 
お土産リストです。
 
 

2009/03/08

思い出した、胸が痛い文字。

「介護」という言葉を聞くと胸が痛い。

以前、務めたていたとき、私の母は病気だった。平成11年に手術をし、その後以来定期的にずっと点滴投薬治療を受けていた。入院は余りにも退屈で嫌だと通院治療を母は選んだ。

それで、通院治療に付き添う役目のほとんどを私が担った。血管が細くなっている母の天敵にかかる時間は、約6~7時間。その間、話し相手をしながら付き添う。通常は特に問題はない、ただ母は一人での治療を不安がった。大学病院では治療費の精算や支払いにの移動が多い。カーテンで仕切られたベッドでの治療の間に、気分が悪くなったり、トイレに行きたくなったり、そんな時のために誰かに傍についていて欲しいと訴えた。帰りも治療後は気分が悪くなったりするので、一人で帰宅することが不安だったらしい。

そんなに頻繁にという訳ではない。母は病院まで一人でタクシーに乗ってくる、朝の8時半に病院で待ち合わせをする。治療が終われば私は母を車で実家まで送って行く。しかし、気分が悪くなってしまうということは少なく、帰りの道すがら食事をご馳走してくれる事も多かった。でも私は、勝手に時間的な負担がかかっていると思っていたことは確かだ。今から考えると、何を話したのか覚えていないくらいの話し相手くらいでしかなかったのに。

ある年のクリスマス。母は突然動けなくなって、とうとう諦めて入院した。足がパンパンに腫れて全身状態が日に日に悪くなっていく。

母は、足の腫れさえ引けば車椅子を我慢するから美術館に連れていってねと訴えた。母は外で食事をすることが好きだった。映画館で映画を見たり、美術館に行ったり、ホテルでお茶を飲むのが好きだった。悪く言えば、どうやって生きてきたのかと思うくらいの能天気で気分屋、良く言えばアクティブで前向き。

その後、全くベットから起き上がることができなくなった、でも全身が痛くて私が体を擦ってあげながらの会話の内容も、ずっと体調が良くなって外出する話ばかり。

母がそんな状態になっても、私は仕事を辞めず、それでも休みにくくって土曜日と日曜日と休みの日だけ病院で付き添った。母はもうちょっと来れないの?って私に何度か聞いた。仕事も中途半端だ、資格を取るための専門学校も行けなくなくなっていた。家の中もほったらかし、でも母にも中途半端な看病しかできなかった。治る見込みはない、状態も日に日に悪くなるばかりで良くなる可能性なんて殆どない。長い間の点滴治療に薬疹が出だし、もう治療の道もなかった。

仕事も忙しい時期だったが、確定申告が終わったら前から相談していた“介護休業”をとるを決心した。それで仕事も辞めざるを得ないなら仕方ない、資格のための受験も来年に延ばそうと、やっとやっと決心をした。自分が決めたことなのに、ほっとしたのを覚えている。その話をしたら母も嬉しそうに喜んでくれた。

だけど、間に合わなかった。

母はその日までに亡くなった。

だあれも私からも責められることはなかったけれど、反省した。。。weep

私って”ぼんくら”だなって思った。全く判断力・決断力の鈍い、かなりいさぎ悪いヤツだと思った。だらだらと流されてるだけで、全くもって自分勝手なヤツだ。常にエラそうに、わかったような顔をしているけれど全然物事の道理をわかっとらんやつだと反省した。

だけど、多分同じことが起こったら、また同じことをしてしまう気がする。自分はどれもこれもできる気がする勘違いオンナ根性は全くもって直っとらんし。未だに欲深く、自己中心的だ。

大事なものがたくさんあり過ぎて、どれもどれも我慢したり、捨てたりできない。あれもこれも大切だから優先順位を全くつけずに、すべてを抱きかかえてしまいたい。

きっとお母さんも思ってるだろうな。 子供の頃から、両親にずっと言われ続けた。                             「あの子は全く私の言うことを聞かない娘だ」って。。

ぷれぜんと。

さっき、なみへいと電話で話した。

突然彼女曰く。

「いつもお世話になっているから」

と、しょうちゃん先生にバースデーケーキを焼いてくるんだそうだ。

「失敗したら、どこかの店で調達する」とのこと。わたしは、、、

「失敗なんて関係ないさ、”なみへい手作りケーキ”なんて、きっと泣いて喜ぶはずよ。」って返した。そしたら

「他人事やなぁ、出来栄えによって、一番に大笑いするんじゃないの?」って言うから

「当然私は笑いはするけれど、彼はきっと出来栄え無関係に感激の涙を流し、大喜びするはずよ」って言っておいた。

彼女は今ケーキ作りをお料理教室に通って学んでいるらしい。。。

(?一体何の為に!?)

S36

ふーん。

なみへいも、”お世話になっている””感謝している”って意味が理解できるオトナに成長したんだなぁ。。。

2009/03/01

子供のころの”夢”

進学先が決まったさおちゃん、これから大学受験のあかちゃん。

将来なりたい職業は?

なれるとか、なれないとか、あり得ないとか、そんなゴタクは無しね。

アナウンサー、キャビンアテンダント、ハーゲンダッツの店員さん、小学校の先生。

ワタシにも子供の頃、真剣になりたいって考えていた職業があります。

通称“ビューロー”、“フェデラル”、“フーヴァー”

「米連邦捜査官、FBI」

長い間忘れていたことなんだけれど、あるときサイトで流行っていた職業診断。

なんとなく、いや仕方なくやってみた。そうしますと、

Photo

だったんだよね。っで、思い出したthunder

田舎育ちの小学生・中学生のころ、私は結構優等生的に物事を考える子でした。(真面目という意味ね)将来の夢のために、ちゃんとした立派な大人になるために、頑張って真面目に生きていかなければならないと考えている子供でした。

学校まで徒歩約45分、授業が終わると一目散に走って帰ってた時期があります。

夕方にアメリカのテレビドラマを放送していたのを覚えている?

「逃亡者」「外科医ベンケーシー」「FBIアメリカ連邦警察」

このドラマが放送される度に将来の夢が変わるんだ。しかし、FBI捜査官は日本人ではなれない。どうしていいかわからず、誰に相談していいかわからず、いや親に言えるような話ではなく、真剣に1か月くらい泣いていた時期があった。あほやなぁ。

今でも「捜査」という言葉が好きです。ドキドキする。(でもなぜか、日本の警察には感じなかった)

大人になってからハマったのは、パトリシアコーンウエルの「検死官」シリーズ。

ケイ・スカーペッタと言う、リッチモンド検死局の女検死官が、さまざまな事件を扱った、推理小説。彼女はとても魅力的で、タフでいて、潔癖で弱さもあって時々はボロボロに傷つく。ケイ・スカーペッターは、医者で弁護士。美人で法律学校を主席で卒業するような才媛で、検死官としても才能があり、出世もしている。料理もうまく、金持ち。恋人はベントン、プロファイラ―心理犯罪捜査官。でも不倫。それが彼が事件に巻き込まれおぞましい死があったり。姪のルーシーは罪深いほどの美人で大学在学中にATFに抜擢。

一時はベントンみたいな人はいないものかと本気で考えていた時期があった。彼の時計はブライトリング。

私って今年は年女。

まだ、ベントンみたいな人に巡り合えるかもって未だ思っているところがある。

それにsweat01

夢追いかけっぱなし。。。sweat01追いつけず。。。sweat01見えもせず。。。sweat01

(お陰さまでお仕事や人との出会いには恵まれ、日々楽しく過ごしております)

ホント、まだまだまだまだってずっ~っと思ってる。

いつになったら、この辺りでチャンチャンspaってなるんだ?

追伸flair

「外科医ベンケーシー」を見終わると、私の父は必ず私に言った。

「ベンキョウシー(勉強しい)」

"

なんでかなぁ。

最近、まったくやる気が出ない。。。何事においても。

仕事は行ってるよ。その他ね。

”敢えて”ってのがイマイチ。多分他の方々は気がつかないと思う程度に毎日頑張ってるが。

しょうちゃん先生曰く”オバはんの更年期”に違いないらしい。

鏡で顔を見ると何かが足りない。(艶とかハリとかってのではなく)

夜中に意味なく太ももが吊る(イヤホンマ、独りきりなのに。大声で騒ぐほど、そんなとこって吊ったりするものか!?)

服を着ると、どこやらの脂肪が服との境目にはさまり、動きが悪くなる。

急な動きで、痛みが走る。

視線を変えると、まず3分は全く見えない。

手がシワっぽい。

原因もなくどこかを痛めている。

意味なくの頭痛や胃の重さがあったりする。

おふろの湯船で泣きそうになる。

今日はね、仕事帰りに大好物のリンゴを買おうと成城石井によった。しかし、入口に入った以後なにしに来たのか全くわからず諦めた、約40分後帰宅してリンゴがないことを思い出し、成城石井で何も買わなかったことに初めて後悔した。

どやさっ!!?

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »