« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/30

今年で最後。

毎年あげてるネタ。


今年の読書感想文は
「人間失格」

感慨深いものがある、さとるの小学校卒業アルバムの原稿から、それは始まる。えっ?私が書くのよ。

名誉のため言うと、我が家でさおちゃんだけは自分で本を選んで感想文書いておりました。
最近の大学レポートはちょっとアドバイス求めてきたりするけれど、まだまだ勉強足らない割りにきちんとコンセプトがあるものに仕上がり親バカながら感心したりする。

打ちっぱなしと買い物と選挙から帰宅し、今は19時過ぎ。今から食べたかったカレー作りながら本読んで、感想文 書くし。


みなさま、バカな親だと呆れてくださいまし。
これが、我が家のやり方です。


今日は、しかしながら選挙が気になり就寝は遅くなるに決まってるな。
ま、いいんじゃない?

今日は(正確には昨夜は)びっくりトラブル勃発。

トラブル内容はご想像にお任せするとして、、、今は午前3時半、酎ハイ飲んでも未だ眠れず。

にのくんのネタ。

彼は小栗旬に似ていると思う。でも怒るかもしれないがウドちゃんにも似ている。

だから、ウドちゃん似の男前よ。

酒好きのようだ、酔うと意味なく地味にお喋りになる。

以前の研修で、当てられた時の彼の回答に弁護士の”まるで教科書のよう”だと褒められたようなケナされたような言葉が、彼の人柄にまっちんぐする。ほれほれ~っとしているようなきりっとしているような。。。

だから、飲み会に、それも私主催のカラオケ飲み会に時々誘う。

でも、未だカラオケ飲み会参加は実現していない。

彼のお断りのセリフはいつも決まっている

「発表会があるんです」

じゃ仕方ないねって話になる。

彼はブラジリアン柔術とやらをやっている。なんでも東京まで帯をかけての全国大会に参戦するらしい、そこでアレ?何位やったけ?入賞したんだよね。

彼はその柔術の練習の日のことを”お稽古日”と称する。

「姉さん、お誘いありがとうございますっ、

しかし残念ながら、誘っていただいてる日はいつものお稽古の日でして、申しわけないっ」と断ってくる。

前回誘った時は

「姉さん事件です、

せっかく誘っていただいたんスが残念なことに、お稽古の発表会が近くて食事制限しなくちゃならんのです、ですから今回は遠慮させていただきます。」

てな具合。

お稽古=ブラジラリアン柔術の練習日

発表会=ブラジリアン柔術の試合

食事制限はそりゃ厳しいらしく、ちょっと本気みたいよ。

「年末なら発表会がないので、思いっきり飲めます、

姉さん!是非ご一緒させてください」

そうなのよ、いつも彼の返信メールは何故だがドラマホテル高島政伸風~気に入っているらしいよ。

では、

忘年会で暴れるとするか。(コレ言うと”えっsweat01暴れんスかっsweat01勘弁してくださいよ”という)

3年間で1回ランチした、3回飲みに行った。

至極ユルいお友達かな。

2009/08/29

監督の昼。

業務で一緒になった”りえちゃん”

実は、しゅうちゃんから相談されて私が推薦したから、偶然ではなくて丸一日業務をともにすることになったんだ。

彼女の風貌は”ばるーんイメージ”これって失礼な風だけれど

風船みたいに可愛い。(色白でアニメ声)

性格は多分誰からも好かれるな、天然ぽくて実はしっかりしているとみている。そばにいても空気を和ませるし、けれど礼儀をわきまえている、ちゃんと仕事もしてくれそう。(前に飲みに行ったときの帰り道、先に電車を降りた彼女は私の乗る電車から私の姿が見えなくなるまでホームでお辞儀し続けていた~私らは”応援団”かっ!?)

笑い声は表現しがたく、”typhoonけたけたけたtyphoon”。

かわいいのよ。

このとき、りーだーしょうちゃんから”一緒に仕事するりえちゃんってどんな娘?”って聞かれて徳島旅行の写真を見せた、きっとりーだーしょうちゃんは気にいると私は予測している。徳島旅行の写真の彼女は、三十路を過ぎながらにして、いまどき人気の”パンダ柄”のTシャツをしっかり着こなしていたりする。

当日、やっぱり彼女は印象よく。

けれど今のところ全く迷惑被らないけれど”かなりの酒豪”。

仕事にくたびれ、空腹の中で「羊羹食べたい」(実はベタですが、私は虎屋の羊羹が好きです。

りえちゃん「いいっすねえ、羊羹食べたら焼酎bottle飲みたくなりますねっ」

私「ならんしsweat01羊羹には宇治の新茶やろ」

りえちゃん「そうっすか!?羊羹は焼酎bottle饅頭ならビールbeerチョコならワインwineっすよ」

(ここまでは、やっぱり”応援団”先輩・後輩風)

そこへ我らが会長が登場、私たちの中身のない会話に首をお突っ込みになる。

「いい話題しとるなぁ、羊羹はビールbeerやで、あっボクは饅頭もビールbeerチョコもビールbeerやな」

私たち「それって、要はビールbeerbeerbeer飲めたらいいんじゃないっすかあ!?」

三人「その通りっ!あ~はっはっはっはっはっ!!!」(と、おバカな会話)

夕刻、業務もほぼトラブル交えて終了時、いつも通りボロ雑巾やと悪態つかれて身も心もえんぷてぃ状態の私達。りーだーしょうちゃんからの労いの言葉を頂戴する。

「キミらはよお~やった、お疲れさんっ!今度”肉”おごったるわっ!」

私が、そんな台詞を単なる社交辞令と聞き流すはずがない。

「ホンマですよね!いつですか!?書面のない正式契約”指きり”していただきますよっ!」

しょうちゃん「sweat02ええで~sweat01指きりしたるっ!」

りえちゃんにしっかり指きり契約させました。

っで、今度彼女はうちの事務所に遊びに来る、そして二人で奢り肉ご相伴にあずかりますことになっている。

2009/08/28

強者の泣き所。

Strength(強み)onとにかく饒舌・口達者、すぐに口の車に乗ってしまいそうになるくらい。。。と、いうと「違う、”雄弁"と言え」と叱られる

Weakness(弱み)on高いところ・オバケ・痛いこと。。。ぶっちゃけ"怖がり”男性には多いタイプね。

Opportunity(機会)onそんなん、なんでもかんでもおぷちゅにてぃ~よ。私たちは自分の稼ぎ口は自分でみつけなきゃいけない。待ってても仕事なんて来やしないし、誰かから貰うもんでもないのよ、コレを見逃すやつに稼げるやつはいない。

Threat(脅威)on"病院”が怖いらしい。

ある試験監督の日、休憩時間にミルキー飴が振る舞われた。

先生ったらなんでか”ママの味”のミルキー食べて不機嫌そうな顔。何でもミルキー食べてたら奥歯の詰め物が取れたらしい。(それがどおしたんって話なんやけれど)

どうやら、彼はこれから歯医者に通院しなくてはいけない恐怖と闘っているようだ。

その後も、何度も何度も

“歯の詰め物が取れたsweat02

”じゃ早めに歯医者に行った方が良いですね”

”うん・・・歯医者かぁdown麻酔しなあかんかなぁsweat01抜くっていわれるかなぁdown

堂々巡り、埒のあかない会話。いつもの饒舌さは影を潜め、攻撃的な会話が成立しない。余程、歯医者が怖いんだ。私は一生懸命慰め、そして歯医者に行くことを勧める。

”早めに行ったら、一回の治療で終わるんじゃないですか?”

”でも、これ前に直したの20年くらい前やしdown

”大丈夫ですよ、歯も丈夫そうですやん”

“麻酔って痛いやんなぁsweat01

”ワタシがいく歯医者の麻酔って、圧力掛けない電動のピストルみたいな痛くないのですよ、紹介しますよ”

”抜歯しますっていわれたら、断ろうかなdown

”そりゃ、治療方針が合わなければ断ったらいいんですよ、私なんて治療案を断ったから3案くらい提案してくれましたよ”

“嫌やなぁ、痛いかなぁdown””今の歯医者なんて痛くないですよ”

”抜きますって言われたら断ろうかな””断ったらいいんですよ”

慰め続けると”ホンマ自分よ~喋るな、ちょっと黙ってくれる?”と叱られる。

一生懸命慰めた。そう、何を隠そう、しょうちゃん先生ネタです。

そして”私が行ってる歯医者は夜も10時までしてるし、日曜も祝日も元旦も診察してくれますよ。あっそうだ今予約取りましょか”って日曜の監督業務の帰り道に歯医者に電話して予約を入れてさしあげました。

その後も、何度か会うたびに”抜歯かなあ””大丈夫ですよ、抜歯なんて余程でしょ””そやけれど縦にバシっと割れるで””大丈夫ですよ、痛みないんでしょ”

この話題以外は

「これはこれは、お稼ぎになられているお偉いkeru先生ではございませんか」

「さっすが、出来はる先生はちがいますな」

「美人せんせいではございませんか」

「お金持ちの先生はさっすが違いますねぇ」と相変わらず、口が減らんオトコですが。

強者の弱み。弁慶の泣き所。

ほんま、歯の治療くらいで大袈裟なんだからさ。いつもと別人かと思うほど、可哀そうな背中やったわ。

けど、事務所でマルゴさんと

大爆笑させていただきました。面白かった!!?

夜10時のテンダーロイン。

夜10時のテンダーロイン。
「痩せる体をつくる」
に、書いてあったもん。

消化するのに、
野菜は2時間
肉、魚は4時間
炭水化物は6時間

これを目安に寝る時間から逆算するんやて。

だから
今日はごはんは止めて、
2時以降に就寝すりゃいい訳ね?

違う?

2009/08/21

感謝。

感謝。
箸にも棒にもかからずの私でもテンション上がったわ〜

となかいせんせい事務所訪問しました。

同じビルに同業者だといいだけで、私が調子に乗る所以の方々がいらっしゃる。それに、女性だってポイポイ働いてる人いるね。

となかい事務所はとなかい先生の思いやら足跡がわかるものだった、素晴らしい事務所だ。またワクワクが、期待が、そして何故だかニヤける私。
なんだかなあ、私にはまだまだ可能性が山のようにある気がしてならない、まだまだ出来る事が山のようにある気がしてる。

不安が津波のように遅い、口の中がカラカラになって目が覚める夜は多い。

あかちゃんと洗面台に二人で向かっていた朝、
「あ、口唇ヘルペスかなあ」という私の独り言に、
「まいにち、まいにち、日曜まで仕事して楽しい?」娘には好き勝手やってる、どうしようもないワガママ母親の背中を見せたい私は、こんな言葉をかけられるのがイヤだ。

私ほど
自分勝手な母親は、女は
見たことないと自負してる。

しんどいことも、
不安も、
プレッシャーも
どってこない。

だって、
好きでやってるのよ。

楽しい日が多い。
好きな人が多い。
一日があっと今に過ぎても、ちゃんと生きた自信はある。
私の言葉が横滑りしても、感動覚える生きざまを目の当たりにできる。

なにより
私には、まだまだ輝く明日が待ち受けてるし。
そして
人に、仕事に、
出会いに、
出来事に
恵まれてる。

なあんて、
毎夜
眠りにつく前の
約20秒間
私のまわりの総てに感謝するのであった。

2009/08/20

ぶたの行く末(続編)

今年の7月17日にムサシで出会った

歌って踊るぶた

Butabuta_3 Butabuta_3

実は、私の7月17日ぶたはマルゴさんちの1歳半のにぃちゃんに譲った。(彼女は「あ~」とすぐ仲良しになれたらしい)

そして7月23日JUNEちゃんのbirthdayプレゼントした。

しょうちゃん先生はお気に入りの娘にプレゼントしたらしい。

そして、しょうちゃん先生はAYUMUちゃんにもプレゼントしたらしい。

ハラモスは奥さんに買って帰ったらしい。

うちの事務所にもいる。

そして、さとみちゃんにもプレゼントした。(しょうちゃんから)

ムサシの隅で埃をかぶっていたぶたは仲間とともに飛び立とうとしている。

兄妹立ちの名前はなんだろね?

うちのぶたのなまえは”こ~すけ”です。お宅のぶたは?

JUNEちゃん曰く

「今後は、ふ~ちゃんを養うために頑張って働きます!、所得控除は受けられませんが」

2009/08/19

ぶた大人買い。

いえいえ、
酔っぱらっていましたよ、確かに私たち。
その日は所属する団体のボウリングビアガーデン。朝から泉大津徒歩20分、その後での封入作業、稀に見る夏日で汗だく汗だく。
下手なボウリングで大騒ぎ、
ビアガーデンでは調子に乗り騒ぎ、
ある大先生の「ウイスキー飲みにいこう
これがいけなかったのだろうか、それすらも判断できず。
いや、ここまでは良かったんだ。
金曜日の夜だった。もう少しで、お盆だ。
と、いうことは解放感だ。。。!!!
いや、どれもこれも言い訳だ。
みんなして酔っぱらってしまった。
特にアルコールに弱い私は酒に飲まれてしまって、ど〜でもよくなる。
いや、私だけではなく何名かがそんな状態に陥る。
そして、
さとみちゃんとしょうちゃんのやり取りに巻き込まれ、翌朝ポケットに700円がある訳を思い出す。
さとみちゃん
「近々、わたし誕生日なん。ぜひお祝いしてえ」
しょうちゃん
「それは、お祝いしなあかんな。おめでとお、はい500円、プレゼントや!」
ポケットから出した小銭入れを広げ、硬貨をさとみちゃんの手に握らす。
さとみちゃん
「いやや〜お金はいらん!値段は問わないから何か買った品物もらいたいねん!」
また、しょうちゃん
「まだ足らんか!もう100円足すわ!」
ともう1枚硬貨を握らせる。
さとみちゃん
「いらん〜なんか買ってきてえ」
しょうちゃん
「え、まだ足らんの?ほんなら、もう100円!」
また1枚硬貨を握らせる。
さとみちゃん「いらんてえ!」
と、私に託す。
愛をお金で解決しようとする男と(それも小銭で)
愛を品物で欲しがる女。
これが700円の一部始終です。
で、私はまたムサシでぶたを買う。
全く以て、
世話の焼けるヤツラやで。
これはノンフィクションです。私の記事は実は誇大表現のない事実ばかりなのよね。

また褒められた。

「褒める」は評価だから。


「keruさんがいてくれたから、生き方が変わった。
どんなふうに他人を騙して儲けようばかり考える人間になるところだった。
本当に感謝している。」


やて。

どやさ。


私が何をしたかは知らないけれど、
見習うべきは、
自分が成長できたのは
誰かのお陰だと言う謙虚な捉え方。

しかし、彼は褒めた後で確かに言った、聞き違いかのような台詞を。

「だから、明日死んでいなくなっても構わないです」

どやさ。

2009/08/13

最近以外に意味不明、続編。

シャンプーの後に又シャンプー。

何度気を付けても、またシャンプー。

ちょっと待ってよ、毎日、毎日。

今日こそはと気を付けてもやっぱりシャンプー。

「???」

ボトルを目の前に持ち上げる。そうか、ボトルに区別がつけにくいんだ!

ブシュって出してみる、あ、こちらがシャンプーだ。

もう1本のボトルをビュって出してみる。

sweat02こちらもシャンプーだ。

いつの間にやらボトル2本ともシャンプーを詰め替えていたんだtyphoon

70726f647563742f3639623062313934393 70726f647563742f6265326431373665636

ばっかじゃねえの!?もっと早く気づけよ。

っていうか、誰かちゅういしろよ。

2009/08/11

平凡。

平凡。
昨日も今日も
晩御飯menu。

ちゃうよ、
昨日は自宅で手作り。
今日は
事務所でコンビニ。

どちらも、美味しい。


明日は
カレーが食べたい。
(私の食べたいは、どうやら
冷やしうどん、
焼き肉、
カレー、
たこ焼き、
お好み焼き、
唐揚げ
くらいしかないようだ。)

2009/08/09

トラブル。

私の愛車rvcarが返ってきました。(長いネタです)

Kisei28 Kisei50Kisei55

ある日の夜、振り込みをしにコンビニatmまで、そうだ買い忘れたあると思い出して西宮まで走っていた零時過ぎ。
普通に道を走っていた。
国道本線から側道に逸れようとした、速度を緩めた、アクセルから足を離した時、
なんか
「バンッ」て
当たった音がした。
「?」

バックミラーを覗いたら、バイクが倒れて誰か人が寝転んでる。
「!」
「やってしまった!」
と、咄嗟に思った。

車を路肩に停めた、ハザード点けた、携帯電話だけを手に外へ飛び出し、バイクに駆け寄った。
「大丈夫ですかあ!?」

「いたい〜う〜」呻いてる。
大変だ。
咄嗟に
頭打ってないか、探ろうとした。頭打ってたら急激に動かさない方がいいかもしれない。
「どこが痛いですか?」
「わきぃ〜」

バイクを動かそうとしたら、
右からと左からと来た車が停まり、駆け寄ってきてくれて、みんなで原付バイクを起こして路肩まで運び、怪我してる子を抱えて運んでくれた。

「先に救急車を呼んでから、警察がいいっすよ。消防署からも警察に連絡してくれるから。」

親切に教えてくれた通りにした。
救急車がくるまで、生きた心地がしなかった。
でも怪我した子(どうみても19か20歳くらいにしか見えない。〜こんな時間に帰ってこなかったら親御さん心配しはる)

「大丈夫?どこが痛い?気分は?」

助けてくれた人たちも若い。
「一体、なにやったんですか!?左折しようとして巻き込んだんっすか!?」
私が悪いっsweat01?何をやらかしたか全くわからない。
この状況下での深夜に大きな車に乗った中年女の私は悪者だ。
しかし、その子は
痛そうにしながらも私に平謝りだ。
「スミマセン、スミマセン、ボクが悪いんです~」それでも私は一体どうなったのか不明だ。
彼の意識ははっきりして、脇腹抱えて痛そうに座ってる。
「とりあえず家に連絡しなくていい?」

警察が来てら別々に事情を聞かれた。最初はやはり中年女に冷たい態度で、どうして事故になったんですか?って詰め寄られたが私には一向にわからないってのが本音だった。私と彼の供述内容が一致していた。その後彼は病院に運ばれた、私はどうなるのかと思っていたけれど(警察まで呼ばれるのかなぁなんてsweat02

「深夜だし、帰ってください。事故検分は後日彼が出てこられるようになってからになるとおもいますので」って、言われた。(そのおまわりさんたら、パトカーの中で私に真剣に聞いてきたのは私の仕事のことだった。”試験は難しいか?事務所に何人雇っているのか?どうやったら食べられるようになるのか?”普段から私がよく聞かれる内容だった)

大変、ビックリしたけれど、

翌日彼の家に電話したら、お父さんからとお母さんから平謝りされまして「深夜にさぞかし、ビックリなさっったでしょう。大変ご迷惑をおかけいたしました、お怪我はなさいませんでしたか。」てな感じ。とにかく彼は暫くは入院になるけれど、心配は不要だとのこと。

1週間くらいして10割あちらもち保険処理だとの連絡が保険会社から入りました。

結局は、走っている私の車が減速したら車間距離を取らずに、かなりのスピードを出して走っていた原付バイクの彼がわき見運転で突っ込んできたという事で落ち着いた。とはいえ、走行中の事故だし私にもいくらかの負担がかかるかとも思っていたが、あちらの親御さんがとにかく恐縮されていて全部負担しますとのことなので、甘えることにした。彼はろっ骨を少し損傷し、この夏はコルセット状態にはなるらしい。その他は腕と足に軽い打撲があるだけ、バイクがへしゃげていた割には大したことはなかったようで安心した。昨年わたしが長男の交通事故を起こしたとき、私の保険を使って迷惑掛けた車の補償を全部したのと同じ。あちらの親御さんはファミリーカー保険で全部保障をしてくれることになった。世の中、まわりまわっている。自分がしたことは自分に返ってくるんだな。。。cloud

っで、私の愛車rvcarは無事に元通り。(トランクとリアバンパーに至っては10年近く乗ってる車じゃない程ピカピカの新品だよ)

事故の翌日、明るくなってから自分の車を確認したら

まうしろトランクがベコッとヘコんでいた。私には何の振動もなかったけれど、

ゾっとした

よくあの怪我ですんだ、ホント危ないね。

その後、自分の運転jのどこかに非がなかったか、何か気をつけられたことはなかったかを考えてみた、できる限り気を付かなくちゃねと自分に言い聞かせました。

みんなも気をつけようね。

実は、今の車の事故は4回目。

一度目は、子供のお迎えで駐車場で停まって待っていたとき。横に停まっていた子供の友達のお母さん、バックしてきてボンと当てられた。あちらの保険で全部直してもらった。

二度目も、信号待ちしていたとき。宅配便のトラック、横の道からバックしてくる、まさか当たってはは来ないだろうなぁと思っていた通りボンって。これも全部あちらの保険で扉一枚交換になってしまった。

三度目は渋滞中。後の車トロトロとだんだん近づいてくるなと思ったらボンって。後部座席のうちの子供たちが小さくて、後の車の助手席に座っていた若い奥さんが「子供さんにけがはないでしょうか?」ってガタガタ震えていたのが印象的。怪我はなかったし、車に傷がなさそうだった割に電気系統が寸断されライトがつかなくなって修理に長くかかった。でも、あちらの保険で全部直してもらった。

事故は恐い。

気をつけようね。

気づいた。

疲れ知らずの
体力派keru。

最近、
"なんだか、しんどだるい"
"なるべく座りたい"
"なるたけ歩きたくない"
"あさ起きにたくない”

って、今までなかった時がある。

飲みにいきたい。
カラオケいきたい。

仕事さくさく片付けたい。本いっぱい読みたい。
家にいるくらいならストレスためながらでも打ちっぱなしいきたい。
なるべく動いていたい。
テレビずっと観てたい。
映画いきたい。
買い物いきたい。
Wiiしたい。
なんでもやってみたい。

ホントはこうだった。

仕事のある間は、そんなにしんどくない。
お客さんとこで喋りまくっての行き道は足取り軽く、帰りはダルダル。

そっか、
ずっと働くか、遊ぶかしとけば
しんどくないんだ。

昔、
「独楽みたいなもんで、止まったら、死ぬんちゃう?」言われてた。
年とか
更年期とか
たるんどる!とか

ちゃうちゃう。

ちょっと、モチベーション下がり気味だっただけだな。

さあ、またずっと走り続けるよshine

やっぱり。

2009080916070000_3


自宅近くのゴルフ練習場。

2009080916070001_2

一球19円な訳。お高めなのよ。

それがね、
格安3階練習場、一球14円なの。アナログなボールセット。

しかしながら、日曜の午後に見てみて。
誰独りとして、いない訳。なんで?一階二階は満員だよ。

相変わらず、お一人様の私は、
たったひとりの
日曜の午後を
楽しむのであった。

2009/08/03

貴様っ

貴様っ
ひとり仕事。
誰もいないはずの部屋、何かの気配。

事務所の床にセミ。

いつから
一緒だった?

季節を間違えた
アブラゼミ。

悲しい〜そして
意味不明。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »