« 気づいた。 | トップページ | 平凡。 »

2009/08/09

トラブル。

私の愛車rvcarが返ってきました。(長いネタです)

Kisei28 Kisei50Kisei55

ある日の夜、振り込みをしにコンビニatmまで、そうだ買い忘れたあると思い出して西宮まで走っていた零時過ぎ。
普通に道を走っていた。
国道本線から側道に逸れようとした、速度を緩めた、アクセルから足を離した時、
なんか
「バンッ」て
当たった音がした。
「?」

バックミラーを覗いたら、バイクが倒れて誰か人が寝転んでる。
「!」
「やってしまった!」
と、咄嗟に思った。

車を路肩に停めた、ハザード点けた、携帯電話だけを手に外へ飛び出し、バイクに駆け寄った。
「大丈夫ですかあ!?」

「いたい〜う〜」呻いてる。
大変だ。
咄嗟に
頭打ってないか、探ろうとした。頭打ってたら急激に動かさない方がいいかもしれない。
「どこが痛いですか?」
「わきぃ〜」

バイクを動かそうとしたら、
右からと左からと来た車が停まり、駆け寄ってきてくれて、みんなで原付バイクを起こして路肩まで運び、怪我してる子を抱えて運んでくれた。

「先に救急車を呼んでから、警察がいいっすよ。消防署からも警察に連絡してくれるから。」

親切に教えてくれた通りにした。
救急車がくるまで、生きた心地がしなかった。
でも怪我した子(どうみても19か20歳くらいにしか見えない。〜こんな時間に帰ってこなかったら親御さん心配しはる)

「大丈夫?どこが痛い?気分は?」

助けてくれた人たちも若い。
「一体、なにやったんですか!?左折しようとして巻き込んだんっすか!?」
私が悪いっsweat01?何をやらかしたか全くわからない。
この状況下での深夜に大きな車に乗った中年女の私は悪者だ。
しかし、その子は
痛そうにしながらも私に平謝りだ。
「スミマセン、スミマセン、ボクが悪いんです~」それでも私は一体どうなったのか不明だ。
彼の意識ははっきりして、脇腹抱えて痛そうに座ってる。
「とりあえず家に連絡しなくていい?」

警察が来てら別々に事情を聞かれた。最初はやはり中年女に冷たい態度で、どうして事故になったんですか?って詰め寄られたが私には一向にわからないってのが本音だった。私と彼の供述内容が一致していた。その後彼は病院に運ばれた、私はどうなるのかと思っていたけれど(警察まで呼ばれるのかなぁなんてsweat02

「深夜だし、帰ってください。事故検分は後日彼が出てこられるようになってからになるとおもいますので」って、言われた。(そのおまわりさんたら、パトカーの中で私に真剣に聞いてきたのは私の仕事のことだった。”試験は難しいか?事務所に何人雇っているのか?どうやったら食べられるようになるのか?”普段から私がよく聞かれる内容だった)

大変、ビックリしたけれど、

翌日彼の家に電話したら、お父さんからとお母さんから平謝りされまして「深夜にさぞかし、ビックリなさっったでしょう。大変ご迷惑をおかけいたしました、お怪我はなさいませんでしたか。」てな感じ。とにかく彼は暫くは入院になるけれど、心配は不要だとのこと。

1週間くらいして10割あちらもち保険処理だとの連絡が保険会社から入りました。

結局は、走っている私の車が減速したら車間距離を取らずに、かなりのスピードを出して走っていた原付バイクの彼がわき見運転で突っ込んできたという事で落ち着いた。とはいえ、走行中の事故だし私にもいくらかの負担がかかるかとも思っていたが、あちらの親御さんがとにかく恐縮されていて全部負担しますとのことなので、甘えることにした。彼はろっ骨を少し損傷し、この夏はコルセット状態にはなるらしい。その他は腕と足に軽い打撲があるだけ、バイクがへしゃげていた割には大したことはなかったようで安心した。昨年わたしが長男の交通事故を起こしたとき、私の保険を使って迷惑掛けた車の補償を全部したのと同じ。あちらの親御さんはファミリーカー保険で全部保障をしてくれることになった。世の中、まわりまわっている。自分がしたことは自分に返ってくるんだな。。。cloud

っで、私の愛車rvcarは無事に元通り。(トランクとリアバンパーに至っては10年近く乗ってる車じゃない程ピカピカの新品だよ)

事故の翌日、明るくなってから自分の車を確認したら

まうしろトランクがベコッとヘコんでいた。私には何の振動もなかったけれど、

ゾっとした

よくあの怪我ですんだ、ホント危ないね。

その後、自分の運転jのどこかに非がなかったか、何か気をつけられたことはなかったかを考えてみた、できる限り気を付かなくちゃねと自分に言い聞かせました。

みんなも気をつけようね。

実は、今の車の事故は4回目。

一度目は、子供のお迎えで駐車場で停まって待っていたとき。横に停まっていた子供の友達のお母さん、バックしてきてボンと当てられた。あちらの保険で全部直してもらった。

二度目も、信号待ちしていたとき。宅配便のトラック、横の道からバックしてくる、まさか当たってはは来ないだろうなぁと思っていた通りボンって。これも全部あちらの保険で扉一枚交換になってしまった。

三度目は渋滞中。後の車トロトロとだんだん近づいてくるなと思ったらボンって。後部座席のうちの子供たちが小さくて、後の車の助手席に座っていた若い奥さんが「子供さんにけがはないでしょうか?」ってガタガタ震えていたのが印象的。怪我はなかったし、車に傷がなさそうだった割に電気系統が寸断されライトがつかなくなって修理に長くかかった。でも、あちらの保険で全部直してもらった。

事故は恐い。

気をつけようね。

« 気づいた。 | トップページ | 平凡。 »

びっくりした。」カテゴリの記事

コメント

どきどきした、どうなるんかむちゃくちゃ焦った。
でもほっとしたよ、大事にならなくてよかった。
ふ〜ん、深夜に大きな車に乗った怖そうで美人な中年女は悪者扱いされるんだ〜ふ〜ん覚えておこう。

肋骨といえば俺なぜか今年は肋骨当たり年で、なんと今年は1月、4月、7月と3回、肋骨強打で、病院は行ってないから確信はないが
自分の経験上では、3回とも少なくてもヒビは入ってるよ。
1月のは完全に折れてたよ。
今ようやく3週間を経過したけど、未だくしゃみしたらしばらく涙が止まらない…

たいした事故じゃなくてホッとした。
Keruちゃん、首とか痛めてへん?

私も運転する身だから、他人事じゃなく気をつけなくては・・・


ムーミンさんへ
全然。
4度とも、無傷よ。
一回だけ、友達の車の助手席にいる時「あ~後ろの車当りそう!sweat01って後ろを見たときに首に振動がきて、やられたってのがある。その時は、イラっとして車飛び出して怒鳴ったわ。
ご心配ありがとう。全然大丈夫。

書記長へ
骨粗しょう症?そのガタイで???
私は、ろっ骨2回やったよ。一回目はさおちゃん抱いて自宅階段まっさかさま。(さおちゃんは落とさなかったよ)二回目は風邪こじらせて弱っていたからかな、ホットヨガ体験教室でボキッて。情けない痛さだよね、ろっ骨って。
大声が出ない痛さ。”いたたたた~へろへろ”みたいな。
書記長、気を付けなさいよ。声thunderが無駄にデカい分、案外骨弱かもよ?

初めてコメント書かせてもらいます。

2週間前に初めて交通事故に遭いました。それで今日、相手の保険会社から過失割合7:3(相手7です)の提示を受けましたが、僕も保険会社も納得がいかないので、再度交渉することになりました。

交通ルールや相手方の安全に対する意識が低さに対する疑問から、7:3では納得できませんでした。さらに、保険会社の方に相手方の運転手が保険会社に連絡したのが、事故の2日後でそれまで自分が被害者だと思い込んでいたと聞いたときは、呆れてしまいました。

だから、keruさんのように相手の方が素直に自分の非を認められたのはとても素晴らしいことだと思います。まだまだ事故の処理は時間がかかりそうですが、僕自身納得できる結果が得られるようできるだけ食い下がってみようとは思いますが、どこかで妥協はしないといけないのかなと思うと悔しいですbearing 長々とコメント失礼しましたdelicious

明日へのマーチさんへ

大変でしたね。
私はラッキーですよ、大体は。
うちの息子の事故のときは辟易でしたよ。うちの息子は助手席でけがをしただけですが、運転していた子が保険に入っていなかったので、私の保険でカバーしたんです。
手続きやらだけでイライラしましたよ。
その子の親からの私への謝罪は全くありませんでした。
でも、できるものがやればいいかと。
世の中には理不尽はつきものです。
そのために、保険に入っているのですしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206078/45881991

この記事へのトラックバック一覧です: トラブル。:

« 気づいた。 | トップページ | 平凡。 »