« さっすが~ねた。 | トップページ | 例年の。 »

2009/09/13

思い出。

今日は土曜日、朝から研修聞きに行って仲間と温玉ちくわ天うどん食べて、仕事して、また夜ごはんに温玉ちくわ天うどん食べて(?typhoon)比較的早めに帰宅(えっ?北区時間は23時37分ですが?)

チューハイ飲んで、ちょっと事務所経理しなくちゃと思わずチューハイ飲んで、いい気分で思わず笑っちゃう思い出を語ろうと思う。

学生寮に住んでいたことがある。

そのときに、確か和歌山出身の名前は忘れたけれど”あひるちゃん”と呼ばれいた子がいた。

いつも耳の上でお下げ髪を作っていた。

お決まりは黒パンプスに白ソックス、そして真っ赤な太めの赤いベルトをしていた。

一度、先輩がアドバイスした「あひるちゃん、お下げ髪はもう子供じゃないんだから、もう少し下の方で結わえた方がいいと思うよ」って。するとあひるちゃんは表情を変えずに反論した。

「母が一番カワイイっていうんです、だから私はこれでいいんです!」

「あひるちゃん、赤いベルトもいいけれど、そんなにキツク締めないで、たまには違う色のベルトもしてみたら?」

「いいんです、母が似合ってるって褒めてくれましたから」

sweat01?」

勉強机の前のボードに紅茶のティーバッグを押しピンでいくつも貼り付けていた。

「ねぇ、あひるちゃん、どうしてティーバッグを貼ってるの?」と聞くと、彼女はやっぱり表情を全く変えずに答えた。

「母が言っていたの、こうやってティーバッグは干して乾くと何度でも紅茶を飲めるの」

sweat01?」

ある日、お風呂に行く前に真剣な表情でシャンプーボトルにリンスを入れてる。

「ねぇ、あひるちゃん、何してるの?」やっぱり、彼女は表情を全く変えずに答えた。

「こうやるとねシャンプーとリンス一度に済ませることができるのよ、母が教えてくれたの」

sweat01?」

彼女にとって彼女の母は完璧な存在であったみたいだ。

あひるちゃんはクラシックバレエを習っていて

時々

「母が誉めてくれたの、見てくれる?」って言って

”白鳥の湖のオデット”を布団部屋で踊って見せてくれた。

20070803_399334

元気かなぁ、あひるちゃん。

« さっすが~ねた。 | トップページ | 例年の。 »

笑ってしまった編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206078/46195528

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出。:

« さっすが~ねた。 | トップページ | 例年の。 »