« 失態(反省最終編) | トップページ | おばあちゃんの言葉。 »

2009/11/21

強迫観念。

一年、押し迫ってまいりましたねぇ。

11月に半ば過ぎたあたりから、みんなが「1年経つのは早いっsweat01」まるで日常の挨拶かのように口にしだす。

イベント好きの私。

そして私は日本の典型行事に反応し、なにかしらの”験をかつぎ”ます。

いまでも、ずっと呪縛から解き放たれないのが

”お正月の自分が、その1年の自分の姿”これは明治生まれの賢い女性のおばあちゃんからの言葉。

だから、大晦日から元旦へと年が改まるときに、前年の垢を残す訳にはいきません。

高熱があっても、腰が痛くても家事の中で洗濯は欠かさない私が、元旦の朝は絶対に洗濯機を回しません。

お正月に身に付けるものは”まっさら”または”洗ってまっさらの様”なものだけに限定です。

下着やスリッパや歯ブラシ、パジャマなんかは新品を使います。

お布団カバーやカーテンなどはきれいに洗います。

電気シェードの上に埃なんて残しちゃいけません。

それが新しい自分の”垢”だったり”埃”だったりにまみれることのないように、見に付ける日常品に困ることのないように、果ては1年間家事に追いまわされることのないように。

だから、時計を見ながら元旦に日が変わる前に、必死に洗濯機を回し続けます、自分ではまったく意味のない行動だって分かっています、単なる自分だけの強迫観念だと思うので家族には言いません。ただ、黙々と洗濯をし続けます。

今年こそは”エイッ”とこの習慣を止めてしまおうと思っています。

「おばあちゃん、ごめんなさい」(⇒”おばあちゃんの言葉に続く”)

« 失態(反省最終編) | トップページ | おばあちゃんの言葉。 »

お疲れ様です」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206078/46817918

この記事へのトラックバック一覧です: 強迫観念。:

« 失態(反省最終編) | トップページ | おばあちゃんの言葉。 »