« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/29

くだらない話。

父親からゆうちゃんについての相談の電話があった。

ゆうちゃん。

(私のまわりの問題あり人物のひとり)

最近はあかちゃんが嫌みがごとく「お母さんとゆうちゃんはそっくり」

「それ、どういう意味なんやろうね~一体」

ゆうちゃんからは社交的でもなく、配慮ある人柄でもなく、気配りがうれしい妹でもなく。

電話がかかってくるパターンは2つだった。

  「おねえ~ちゃん~どう~しよう」とぐずぐず鼻水啜りながら、それももう死んでしまいたいくらいの勢いの悲しみの中で電話をしてくる。

  「あんた、おぼえてるやろな」(ホントにこのままのセリフで、この私をビビらせる)とのお怒りモードで、意味不明なブチ切れ状態の中電話してくる。

それ以外は、何の音沙汰もない。

便りがないのは元気な証拠!の典型である。

上記以外のときは「おねえちゃんは私の自慢」なんて、ますます意味不明なスリスリ状態で人にものを頼む。これは、たった1本のメールで済ませる。それに全力でお応えしてあげたとしても、「ありがとう」なんて期待したらいかんのよ、やはり音沙汰がない。絶対に感謝なんてしてないんだろうなとなかったことにして忘れるようにしている。

この人の思考回路はわが妹ながら、何十年つきあっても、ブッ飛んでいて。

人のことなんてお構いなしに、妻を亡くして10年「死にたい」を連呼する父親と、ロック魂の塊みたいな彼女の息子しょうちゃんと、いたいけない純粋無垢周りに気を使いまくる彼女の娘ふきちゃんと、わたしたち家族をいつも振り回す。

うちの父親は「真面目」が服着て歩いてる。

「こうあるべき」「これしかない」「ほかにはない」カタブツ。

妻を亡くして10年。隣に住む娘(=ゆうちゃんだが)は、いないものと思うようにしている、と私にしか理解できないセリフを始終口にする。

父親は、一人の生活を何とか成立させるため、涙ぐましい努力で自分の中で様々なルールを作り全うして生きている。

たとえば、

おはしや、急須や、フォークなど毎朝使うものは、お手伝いさんが来てくれるスパンの3日分同じものを用意している。そのペースを崩すと異様に怒る。

私がたまに帰省して、このときぐらいはと(ゆうちゃんは年老いた父親の家の洗い物を増やすことはあっても絶対に洗わない主義である)食器を洗おうとすると、常備食器のサイクルが狂うからと「触るなっ!」と怒る。

そのゆうちゃんが夜中に父親の家の常備食品の「2分でごはん」を盗むという。

父親は「2分でごはん」を常備している。家で食事をすることはほとんどないらしいから、食べたい時に食べられるように常に切らさないように自分でコンビニで購入しているらしい。

その「2分でごはん」が食べたい時に無くなっているという。

父親は心配性だから毎日出かけるとき、就寝時にセコムをセットする。にもかかわらず「2分でごはん」がなくなるらしかった。

犯人は、セコムのキーをもっているゆうちゃんしかないというのだ。

じゃゆうちゃんに訊ねて、もってかえっているなら補充しておいてっていえばいいやん、

と思うでしょ!?そこがそんじょそこらの中年オンナゆうちゃんではない。

しらをきるのである。

「わたしは知らない」

「いったい、ボクはどうしたらいいんやっ!」って父親から怒りの相談である。

父親は80歳の分別ある良識ある人物である。

ゆうちゃんは今年47歳の二人の子持ちの立派な中年オンナである。

びっくりするわ、ホンマ。

でも血のつながった私の身内の話です。

2010/06/26

オレ天才やし

P1000060

ダーツ。
会長どう!!

2010/06/19

首が回らない。

またやわ。

ひさびさに。

やまさだとランチした。
「昨夜、就寝中に足が吊り、その痛みたらチギれんかのごとくで七転八倒した」「秋の腰痛い動けなくなった話といい、2月の突然声でなくなった話といい、
一体なにごとだ!?」と、
死んでも休めない仕事があり
カラダが資本の
ぼくたちに必要なものだ。

スバイラルりんばなんちゃらスパッツ(決してレギンスではない)を教えてもらった。

これで、
下半身は
金の力を借りて
安泰よと


ちょっと安心したのもつかの間

今朝から
首が回らない〜

最低だ!

2010/06/15

嗜好。

このパン大好き。
お求め易い
オンナでしょ!?
 
 
今がチャンス!
 
誰か
名乗りをあげなさい!

2010/06/14

SLOG。

ある日、Mrガーデンからお電話。

サントリーレディスゴルフのチケットあるんだけれど行かない?(もちろん、チケット代いらないんだってさ)

「いきたい、いきたい!」って言ったら

チケットいただくのは私なのに、わざわざミスドをぶら下げて事務所まで来てくださった。なんてお優しい方なの???heart02

そのうえ

「銀行の口座教えてくれないから、お金いれてあげられないやん~♪」とおっとりとした口調でおっしゃる。なんてありがたいお言葉なの?お金余っているからくれるって言うんだよ!お金が本当に余ってないと言えないセリフだわ。ほんとオンナの勝ち組と負け組の姿そのものよ(いやだ、泣けてきたからこの話はここまで)

Top_hd_01_4

早朝7:00にさとみちゃんと待ち合わせ。(前日も総会帰りにさとみちゃんと他の方々とホテルのバーで一緒でした)さとみちゃんは「明日早いんだからっ!」と私のお茶をお断りしたくせに家の近所で深夜まで二度飲みしたらしく、二日酔いだとボやいていた。

見てきましたよ、もっと人が多くて大変なのかと思いきや、ティーショット有村智恵ちゃん上田桃子ちゃん見ましたよ、そして桃子ちゃんにくっついて大移動(すごい人気よ、彼女)5番グリーンそばに腰をおろしてみんなのパッティングも見ました。

びっくりしたのは、

やはりここでも講釈たれのおっちゃんと、

「あぁ~弱いっちゅうねんっannoy」と怒るおっちゃんと、

レディスゴルフおたくの多いこと、多いこと。

そして、よちよちゴルフの私が学んだこと。

美しいグリーンにパープルのウエアは映える!(さとみちゃんはオレンジが映える!っていっていた)

「そこっ!」

多分次ゴルフをご一緒することがもしあるなら、

私はパープル、さとみちゃんはオレンジ、

のウエアでベスドレよっsweat01

2010/06/13

やばい。

昨日はさとみちゃんと

早朝からサントリーレディスクラシックでほぼ一日まる遊び。

だから、

今日はお仕事行かないとっと。

なんだ?!この豪雨は。

びちゃびちゃなるやん。

やばいsweat01

梅雨sweat02sweat02sweat02sweat02sweat02

2010/06/10

中年オンナのすべらない話。

1か月前と先週と2回、道を歩いていて

おどおどと

「お茶飲みませんか?」と声をかけられた。

長い間、見ず知らずの異性から声をかけられることなんかなかったのだが、ここ最近時々声をかけられる。(これを男性に話すと“自慢かっ”ってバシって背中をはたかれるが、多分同姓には理解してもらえるはず、ちっとも嬉しいことではない、別に見ず知らずの人なんて嬉しくもなんともない、それどころか何か腑に落ちない)

実は、私にもかわいい時やまぁまぁ未だイケてる時期があった。

しかし、今はどう贔屓目にみてもかわいくもないし(かなりお年だし)、美しくもないし(かなり草臥れてるし)、イケてもない(かなりボロ雑巾だし)。

そりゃ65歳や、70歳くらいの年上の方から見たら、未だ可愛いし美しいしイケてるかも知れないし、まぁ生きてきた年輪というかそれなりの何かはあるかもしれない。

そう、でも道行く人から”この人と同じ時間を過ごしたいっ”って思われる

パッと見の魅力はないと思う。

っで考えた。

そして、気付いた。

声掛けるオコトはいつも結構若い。

もしかして

私におごってもらおうと思ってるんじゃないか!?

みなさま

気をつけたほうがよいよ。年齢重ねると、女性も男性も、若い人が近寄ったら

食事をごちそうしなアカンって、必ずそうに違いないって

そう、思いなさいよ。

2010/06/07

何を血迷っているのか!?(意味わからん出来事編)

娘たちの父親から

「ゴルフflagやってるらしいな」

⇒娘たちには内緒でゴルフに行っている、それはもし腕前を聞かれたり、ゴルフに行っている噂をされると困るからである。だって、ときどきゴルフで辟易するような地獄を見ることがある。

最近も地獄のラウンドだった。どうしてだか私のゴルフはしょっちゅう試練となって私にのしかかかる。

多分、周りの仲間たちはもう止めてもいいんじゃないか、私が来なくなることも仕方ないと思っているはずなのだが、何故だが止められない。それは嫁と姑みたいなもので、ゴルフが好きとか嫌いとか楽しいとか苦しいって問題ではない。

ゴルフは、避けては通れない生きるための”厳しい試練”である。私の精神を試されているのである。このいばらの道を強い精神で歩き続けることは、私が一人で生きる強い魂を持ち続けることに他ならないのである~

って、オバカな!?そんな訳ねぇでしょ。よちよちゴルフをお金使っていったからといってプラスになるのは自然と仲間と歩く(走る)ことぐらいなもんよ!?

ものすごくかっこ悪い中年女wobblyが出来上がっているだけだよ。(せっかく巷では”かっこいい中年オンナ系”なんじゃないか?と噂があるのに、ブチ壊しよ)

あっ前置きを書くつもりが、ゴルフに関して後ろ向きなもんだから、ついつい愚痴になってしまった。

本題。

娘たちの父親とゴルフに行く羽目になるかもしれない。

「スコア160だから誘わないでくれ」とはお願いしましたが、、、

いやだ、行きたくないsweat02

だれか、かわりに行ってくれえ!?sweat01sweat01

2010/06/04

確かに全体的に。

確かに全体的に。
ダメなオンナなんですね、私。

今頃、事務所でおそば食べています。これは全体的にダメダメ自己管理能力のないオンナだと認めざるを得ない。

本日エレベーター前であったヒロ先生。

私を見て、柱に頭を委ねて「会いたくなかった・・・」みたいな。

自分で思うに、そんなに人から嫌われるタイプではないみたいだが、どうも非常に疲れているときに会いたくないタイプなんだろかしらね。

確かに周りを見渡して振りかえりをしてみると、元気な時にはよい塩梅だが、疲れているときや落ちてる気分の時に会いたくないタイプなのかもしれない。そして、これがいつも一人でいる所以なのかもしれない。

そう思ったら納得いくね。

オトコはだいたい“癒し系”が好きだからさ

そこで言った。「私、割に“癒し系”ですよ」って。

でも、確かに全体的に間違ってる。

癒し系かどうかは私が決めることじゃないんだ。

癒されたかどうかの人が決めるんだ。

だから、私はひとりなんだな、悲しいsweat02

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »