« 何を血迷っているのか!?(意味わからん出来事編) | トップページ | やばい。 »

2010/06/10

中年オンナのすべらない話。

1か月前と先週と2回、道を歩いていて

おどおどと

「お茶飲みませんか?」と声をかけられた。

長い間、見ず知らずの異性から声をかけられることなんかなかったのだが、ここ最近時々声をかけられる。(これを男性に話すと“自慢かっ”ってバシって背中をはたかれるが、多分同姓には理解してもらえるはず、ちっとも嬉しいことではない、別に見ず知らずの人なんて嬉しくもなんともない、それどころか何か腑に落ちない)

実は、私にもかわいい時やまぁまぁ未だイケてる時期があった。

しかし、今はどう贔屓目にみてもかわいくもないし(かなりお年だし)、美しくもないし(かなり草臥れてるし)、イケてもない(かなりボロ雑巾だし)。

そりゃ65歳や、70歳くらいの年上の方から見たら、未だ可愛いし美しいしイケてるかも知れないし、まぁ生きてきた年輪というかそれなりの何かはあるかもしれない。

そう、でも道行く人から”この人と同じ時間を過ごしたいっ”って思われる

パッと見の魅力はないと思う。

っで考えた。

そして、気付いた。

声掛けるオコトはいつも結構若い。

もしかして

私におごってもらおうと思ってるんじゃないか!?

みなさま

気をつけたほうがよいよ。年齢重ねると、女性も男性も、若い人が近寄ったら

食事をごちそうしなアカンって、必ずそうに違いないって

そう、思いなさいよ。

« 何を血迷っているのか!?(意味わからん出来事編) | トップページ | やばい。 »

うんざり~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206078/48563425

この記事へのトラックバック一覧です: 中年オンナのすべらない話。:

« 何を血迷っているのか!?(意味わからん出来事編) | トップページ | やばい。 »