« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/29

久しぶりに夢を見た。

sweat01理屈っぽい人が多いから、付け加えますが、内容覚えているほどの印象濃い夢を見た、が厳密な言い方ですか。

わたしはバス旅行の幹事だった。(現実と何ら乖離してない)

出発時間ギリギリにバスに乗り込んだ、これには訳があり、、、最近だがわたしは時々時間の逆算を大きく誤ることがある。さらっとの計算だと、あたまがアホで
『んな訳ねえだろっ』て時間設定をしてしまい、事務所や家を出るときに
『はっ!?間に合わんやろっ!』
汗をかき、走りまくるか、タクシーとかで、ぜ〜ぜ〜今のところは事なきを得ている。だからと、スケジュールに30分早めのスケジュール入力をしてみたが、またまたアホあたまのせいで、ほんまに30分早くお客さんとこに行って担当者を驚かせたり、あるいは『?』になる。それどころか、真実の時間に自信がなく小心者のわたしはドキドキしなから会社にいく羽目になる。
要は全く時間管理に自信喪失で、ものすごく自分がだらしないダメダメだと
自尊心の低下状態であります。

幹事のくせに、出発時間まであと10分しかないのに、トイレに行きたくなった。

「申し訳ありませんが、トイレに行きます~」って軽口をたたき私はバスを降りた。この辺りは最近行った安曇野旅行の現実と何ら違和感ない。

トイレに行くと物凄い行列だ、私はほかのトイレに移動した。またすごい物凄い行列だ。

また違うトイレに行った。

さてと、バスに戻ろうと時計を見たら4分経過していた。

ところが、

集合場所は新大阪駅だったはずなのに、ワタシはなぜか南森町地下鉄の駅のトイレに入ったようだ。あと、6分でバスまで戻れるのか!?

「・・・???」

走ってみた。夢だから走れない。

タクシーで行くしかないsweat01sweat01

sweat01

タクシーを止めた。「外れだ!!!sweat02」←気になる方は“外れタクシー“ネタ検索してみてください。

運転手さんは道に迷う「お客さん、わたし最近九州から出てきたばかりで、道がよくわからないんですよ」って会社に電話してる。道がわからないことを最初に言えよ!!

時計を見た、あと2分しかない!!!小心者の私は背中を冷や汗でびっしょりと濡らす。

皆がヤキモキするだろうから連絡しておこう(みんなから「なんで、たかがトイレに南森町まで出向く必要があるねんっ!」って叱られるだろうなぁ)私は本当は時間に遅れることが大嫌いである。物凄くイライライライラする。

そして、なぜかタクシーは豊岡の事業所近くの道に迷いこむ。

「???」豊岡から新大阪駅までは何分で着く???

汗ダラダラである。

会長に電話しなくちゃ。なぜが携帯のボタンが押せない。老眼で名刺の電話番号がかけらんれない時と、指がかじかんで携帯電話のボタンが押せない時が入り混じり、物凄いパニック。焦りが極地に達する、どうしても会長に電話ができない。

あ、ワタシはもう一個、iPhoneを持っている。こちらの番号はそんなに小さい文字ではない。

でも、iPhoneは画面が”だら~”黄色のオーロラ状態だ。ウィルスにやられたようだ。(夢の中でウィルスと認識したが、黄色のオーロラ状態がなぜウィルスなのかは不明)

さいあく~。

それななのに

またトイレに行きたくなった。

docomo携帯のボタンは押せない。

iPhoneはウィルスにやられている。

出発時間はもう、タイムリミット。

私の緊張は限界だ、でも運転手はまだ会社と連絡取りながら「お客さん、道に迷ったみたいですわ~」と無能ぶりフル発揮だ。

頭がパニックで

ぎゃ~っ!!!(現実では案外私は冷静沈着。そんなに取り乱すこともないし、自分の問題解決能力に根拠なく自信を持っている)

って、目が覚めた。

普通の朝だった。

本当にしんどい夢だった。

私はいつでも

いつでも

自分が

自分を見失うくらいのパニックになるようなトラブル・ミス・問題に遭遇することに一番の恐れを抱いているのだな。

悲しい現実だ。一番怖い意識だ。

は~楽に生きたい。

2010/11/25

お陰様をもちまして。

父親が二つ目の病院を退院しました。

初めて「手術や」との連絡を受けてから、落ち着かないことが一つ落ち着きました。

ご心配いただきました皆様ありがとうございました。

年齢が年齢だけに、完全に不安が取れた訳ではありませんが、まあ一段落。

この父親はド真面目で、完全なる計画主義。

「keru!手術の当日少なくとも翌々日までは病院に来てくれ、手術当日はいつ何時呼び出しがかかるか、わからないので病院近くにホテルをとって泊まってくれ」

と私に10月11月カレンダーを渡し、”来れる日”にマーカーで色を塗れという。私の来れない日には娘たちに洗濯だけを手伝いに、その他の日は”むらかみの女将さん(昔からの父の友人)”と友人でもあるプロのヘルパーさんに埋めてもらうという。だから、途中変更は許されない。っと言うか、「なんやっ!約束したやないか!」と怒り出すにきまっている。

でも、こんなところは実は私はよく似ていて、私もこのほうが気が楽である。亡くなった母親はファジーの典型で、“スケジュールなんて出さなくてもいいから、来れるだけ、可能な限り手伝いに来て頂戴”タイプだった。

父親は、マーカーつけていない日に行くと怒り出すにきまってる。そんな人なんである。

でも、やっぱり父親は父親で、ずっとずっと今のままで生きていて欲しい。不肖の娘で、親不幸しか行わない娘で、ガサツで事足らずで、地に足付かない中年オンナの娘ですが、

いけないことはしてないつもりです。お父さんの教えに従って、人様に後ろ指さされるようなことだけはしてこなかったつもりです。

こんな、こんなですが、

お父さんにはずっとずっと長生きして欲しいと、

無理難題を子供のように思うばかりです。

2010/11/24

あ~そうそう。

思い出した。

先日ね、見たことない人から手紙がきました。

「あなたは、来年幸せになる価値があります、願っていた人や出来事に出会えます!」

って書いてあった。

なんかサイトの勧誘かと思うでしょ。

往復ハガキが入っているだけなんだ。

そんな不審なイメージではなく、たんなるチラシの入れ忘れみたいな感じなの。

DMすら、

ないのかよっsweat01sign02

未だ改善の兆し見えず。

随分前に書いた記事。

首がある日「「ゴキっ」って言って、動かなくなった。

それが、確か11月6日の土曜日の夜。当然翌日は診察に行けない。日曜の朝は歯を磨く、化粧水を顔につける振動が痛いほど。

流石の娘たちも「そこまで痛いん!?」と驚いていた。にもかかわらず

「それで、ゴルフの練習!?」(ねっ私って真面目でしょ、っていうかプライオリティがないオンナなの。この日曜日はゴルフの練習の日と決めていたから。)それが、どうなる事かと心配をよそに私のヨチヨチゴルフは、首の痛みとなんら無関係であった。

まっヒド目の“寝違い首”のようなもの。日日薬でしょ。

その翌週は恐ろしく9時~5時OL業務にて病院行けない。夜は勉強会やら飲み会やらの約束がある。やっと暇ができた11日。近所の整形外科はどこも休診日だ。12日は終日業務と飲み会。これも怒られるくらい給与計算で遅刻だ。13日~14日は勉強会仲間との安曇野旅行。楽しい楽しい毎日だが首は回らない、安曇野ではそのせいか歯も痛かった(思い出した、旅行から帰ったら歯医者に行くつもりだったのに、あれから一回も歯は痛くない)

おかしいなぁ、ずっと病院に行けず15,16,17は9時5時業務。そして飲み会と研修や会議。やっと体が空いた18日は木曜日でまたまた休診日。19日は早朝仕事して9時半に出かけて、12時に約束と15時に友人のセミナー、18時に業務推進。やはり病院に行けない。そして20日はゴルフ。

そして、22日は早朝から給与バタバタ、最終業務から戻ったのは19時半、病院は開いていないsweat0223日は祝日(部長と社販セールに行くが首は固まったまま)

そして、今日の24日。朝から「今日こそ午後病院に行くぞ!」と決意も固く、計画通りに14時半に約束事が終了する。しめしめ。

と、思ったら、八尾から「催促」があり、「はいはい、今から伺います」

まだ大丈夫。夜診に行こう。19時くらいまでやっているだろう。と、思ったら大変なお仕事が26日から25日に変更メール。

25日って、明日じゃん!?ってことは、今から残業残業。病院に行っている余裕はない。まっ普通生活に支障ないし、明日病院に行くことにしよう。ブログ書いてる場合ではない。

てな具合に、毎日毎日延ばし延ばしの首まわらん診療。

もうすぐ、3週間。

びっくりするほど、首が痛くて回りません。まだドライヤーで髪の毛少し引っ張ると激痛です。普通に歩いていて、急にグキって音が鳴ります。夜もある一定の向きである一定の角度しか寝られません。右向きとうつ伏せはダメ。大の字または左まるまり型しか痛くて寝られません。

(自転車に轢かれ事件が原因ちゃうか!?と、カレンダーを確認しましたが日にちが合いません)

巷の噂によると、骨が外れていて何かの引力だけでつながってる、

“首がとれてる”ちゃうか!?とのことです。

きしょ。

(私は元気に見えいてるそうですが、実は皮だけつながってる骨ボロボロカラ元気です。痛みを感じない体であるだけみたいです、動きにくいのでイライラするわぁ)

2010/11/07

共存

最近落ち着いて記事をUPしてないなぁ。

忙しい訳ではない。

presbyopia (敢えて口にしたくない言い訳①)は原因の一つかもしれない。

が、

”骨・筋肉”ちゃうかな?

昨夜、肩こりやったから帰宅してぐるぐると首を回した、そのとき

ぐきって。

痛みと共に首が回らなくなった、若かりしときは“痛い”に納得性のある理由があった(筋肉痛:それなりの無理をした、肩こり:根をつめて作業をした、腰痛:変な姿勢で重いものを持った・いつも子供を両脇に抱え走り回っていた、眼精疲労:入力しまくった・本を読み漁った、腕痛:高枝切りバサミを駆使した・編み物をしまくった・箒掃きを1時間した、

・・・もう、いい?

首を回しただけ、寝ていただけ、座っていただけ、

こんなときにさえ「痛っ」が発生する。

今回の首はホンマ痛い。筋肉弛緩剤とヴォルタレンを飲んでみて小一時間、あんまり治らないなぁ。ゴルフもみんなにあ~だ、こ~だといわれても体が理解しない。何かを投げても投げられなくなった、飛んでみても足上げただけになっている、踊ったら単なる足踏みにしかならない、歌おうとしても音がリズムが理解できない。

「老い」である。

多分、他の人より

地下に埋もれていた時間があるため「老い」が早いんだと思う。

病気もしたことあるし、

食べられないものも多いし、

私には生まれつきの“白内障”もあり、多分視力もこのせいかもしれないと言われた。

このまま、努力しても

改善しないことは明らかながら、馴染んでいくことが

「老いと共存する」ことなんだな。

昔、

私の90歳のおばあちゃんは、

乾燥した足の裏がひび割れていたいと自分で軟膏を塗ってバンドエイドを貼っていた。

しかし、その老いのため自分の足に自分で軟膏を塗ることができず、床にサランラップを敷き、そこへ軟膏と裏向けバンドエイドをセッティングして

「えいっ」と自分の足をそこへ運んで軟膏を足塗りしバンドエイドを貼っていた。

しかし、視力も弱くなり、そして足の動きも悪く、

一度では軟膏もバンドエイド治療もうまくはいかない。

気の強い祖母は、自分ひとりでやらないと意味がないと私の介助を拒否し、何度も何度も笑いながらトライしてた。

これが、老いとの共存かと淡々と感じたことがある。

弱者。

今でも、そうなのに、

自分でできなくなったら、どうするんだろうな。

ちょうどのタイミングで、終焉の時が来るように、

体力と、体の柔軟性をなんとか現状維持の努力をちゃんとしなくちゃならんな、

笑える記事をUPするつもりが、

やはり、最近の笑えない記事になってしまった。

やはり、今後は人からのお願い無視して、

面白い人のネタ(さとみちゃん、かいちょう、ゆうちゃん、しょうちゃん、なみへい、しもぴ、ちゃかだ、おれんじ、けさまる、きし、まみ、さとる、すげののおばちゃん)を忌憚なく書かせてもらうことにするわ。どうも気兼ねすると私のキャラは緩んでしまう気がするし、先に謝っておく、

「ごめんなさい、よろしくね」

反省して、以前の強気な自分の記事を読んで笑うとするわ。

。。。sweat02

2010/11/05

泣きっ面に蜂。(その後編)

この自転車に轢かれ事件には続編がある。

ある日のこと、しょうちゃんとかいちょうと3人でかる~くいく?みたいな時間。

私の右手の甲には絆創膏(これは自転車ひかれ事件の結末~sweat01軽く削れたのでシミにならないように浸潤療法のバンドエイトエマルジョンパッドを貼っていた)

そしたら、しょうちゃん。

「なんや、膏薬かっ!?」

「失敬な、これはね・・・」とカクカクシカジカ自転車ひかれ時間のくだりを・・・説明し始めたら

「思い出した!」

私は自転車にひかれイライラを小一時間かけて事務所でひとり鎮め、夜ごはんを買いに外へ出た、そのとき。

しょうちゃん先生にエレベーター下で偶然に会った。しょうちゃん先生は見た感じ仕事関係の人と一緒だったため、軽く笑顔で一言二言喋った、その仕事関係の人はやはり軽く笑顔で私と視線で会釈した、と私は思った。

実は自転車ひかれ時間のとき、かなりの大声で相手を叱責し、ぷちっとイライラが始まったため大声で文句を言いながら私は事務所に戻った。そのとき確かに事務所ビル前に暗がりながら30代くらいのサラリーマン風男性が2人私を見ていたのを覚えているが、私は「なんで助けてくれない癖に見てんねん」ぐらいの感じで堂々と文句を言い続け、その前をチラ見程度で通り過ぎた。

そのときのサラリーマン風2人が、しょうちゃん先生と一緒の仕事関係の人だったらしい。

しょうちゃん先生「思い出したっ、彼ら(やはり仕事関係の人だったらしい)がその時に僕に言ってたわ。

「先生、あの女性とお知り合いですか?」って。だから僕はそうやで、同じビルの同業者やで、って言ったら、彼らが

「あの人、さっきビル前で自転車に轢かれてはりましたよ」

「えっ?ほんで、彼女が悪いん?」

「いえ、自転車が一方的に突っ込んできたんですが、あの女性おもいっきり自転車の男性に向かって怒鳴った挙句、物凄い大声でブツブツブツブツ独り言言いながら事務所に戻っていきはりましたよ、ほんまコワい人ですよね」

sweat01sweat01sadsweat02

私ってなんて、間が悪いオンナでしょう~。自転車には轢かれるわ、そして私は悪者!?

そして、しょうちゃん先生はおっしゃった。

「やりかねんわ」

ほんま、さいあくやで。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »