« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011/03/24

週刊少年ジャンプ

こんなんがありました。

読みたかった人が嬉しくなるといいな。

週刊少年ジャンプ特別無料配信について(4月27日までの期間限定の配信のようです)

http://event.yahoo.co.jp/shonenjump/special/

2011/03/18

できること…ですか。

被災者でした。

私の周りには、自分を含めて小さな子供を持つ親が多く、

とにかく、まる2日間水が飲めなかったことに恐ろしい不安がありました。

道路は寸断し、電車は止まっている。自動販売機は夜が明けて1時間でどこもかしこも売りけれた。携帯電話を持っている人も少なく、まったく情報がなかった。近所のスーパーは翌日から開けてくれたが、4時間並んで品物を選べず”すぐ食べられる食品を一人3点”を購入した。給水車なんで1週間は来なかった、行政からの情報も1週間はなかった。まいにち、余震と始終鳴り響く防犯ベルと消防車・救急車の音におびえ、コートを着て靴を一日中傍らに置いた。

私の親友は生後3か月の赤ちゃんがいて、ミルクを作る水と紙おむつに困り果てていた。私は一日に3回スーパーに並んで、オムツを入手した。でも、それも翌々日には手に入らなくなった。

救援物資はおくっても仕訳が困難で、被災者に届かずじまいになるという話がある。私たちの地域ははじめは高齢者の方がご自宅のガレージを開放して、自ら自治体と交渉して水やお茶を、子供を持つ家庭優先に配布してくださった。本当に恒例の方々が個別に子供のいる家庭を回ってお水が入手できる情報を下さった。芸能人からの救援物資の配布を仕分けし、助け合いながら、配って回った。

近くの小学校には、知り合いばかりが避難してたので、

みんなで集まって、自治体に交渉して物資をまわしてもらい、炊き出しを始めた。こちらはどこよりも早く被災から5日目から始められた。情報の共有もこちらで自治体から受けて地域の人に発信した。

自分の無力さに嫌気がさす。

できることがあるとおもう。

誰にでも。

2011/03/06

哀愁のヨーロッパ(古っ)

みなさま、お元気ですか?

やっぱり1月はいく、2月はにげる、3月は・・・「去る」ですぜ。

あっという間に3月でっせ。

ほんと、

いっぱい、いっぱいで仕事三昧、他にはほとんど何もしておりませんが、最近。

N先生に怒られました「飲みに行くのをやめたらいいねん、毎日やろ?」って。でも、しかし1月後半からは新年会も終わり、飲みに行っていません。そりゃ会議やら、親しいお友達とたまには行きます、が、しかし最近は1週間のうち3~4日は22時までは事務所でした、(もし、事務所仕事は何時間やっても、過労死にならないと気づいた。

毎日の業務終了日誌をつけております)(過去形)しかし疲れました。”事務所仕事”をひとりきりでしていると確かに、いやもしかしてストレスというのでしょうか”いらいら”は募ります。やだ、あれも、これも?あら、あっちも、こっちも。と、たまっている、完済していない仕事が見え見えで。でも、体は疲労しませんから過労死にはなりません。だって、本当に飲みに行ってるから仕事が溜まってるんじゃないもの、一生懸命ダメなりに必死にこなしても、コレですから。

ただ、マジ考えますと私だって、もうそろそろ年齢的に少しは”楽”してもいんじゃないかと、何年間冬の時代を経て思う時があります、

冬の時代がキャリアなんて断続だらけで、だから必死になって皆に追いつこうと頑張り続けたと、思うんですけれど。

50歳の年には、行ったことのない”よーろっぱ”にいく計画があります。やはり、自分が決めたことはやり遂げるべきだと思っています、

H社の社長は「ぜひ、いくべきですし、初めてでどうしてもみるべきヨーロッパを企画します、絶対行ってください」って。

やっぱり、そうだよね。行きたかった、行くのが夢だったヨーロッパ(まるで、おのぼりさんだが、仕方ない、行ったことないもの)

この話は、ずいぶん以前からしていたので、娘たちも「今年はヨーロッパ行くんだよね、私らも行くからね」(って、いつもは外食すら断る娘たちですが)

だから、やらなくてなはならないんです、娘たちは独立して、いつかは(それも、そんなに遠くない将来)家を出るかもしれないし、50歳の年にはヨーロッパに行きます。日程は3日でも構わない、必ず行ってお城と美術館とヨーロッパの街並みを心にたたきつけてきます、中学1年生からの夢だったんだから。

細腕ですが、娘2人も必ず連れて。

もしかして、1泊5日弾丸ツアーだったらsweat01どうしよ。

1ga

2011/03/04

今日は赤鍋。

今日は赤鍋。
これ、
結構美味しいんだよ〜

2011/03/03

また、亀岡やったねん。

また、亀岡やったねん。
新潟まではいかないにしても、まだ雪山だ。

あまり、気持ちいい仕事ではない日ですが。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »