« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/30

最近。

ヒール高めの
パンプス履いたら、
 
 
足が痛い。。。
 
 
てか、
 
 
 
膝を痛めた
なんだかなあ。

2011/04/23

さとるネタ

最近、事務所の3人で夜ごはんを食べに行った時のこと。相変わらず外をフラフラ、もうすぐ19時と言うところで事務所に戻ると、みんな「終わらなくって・・・」って頑張ってくれている。そりゃ、晩御飯でも食べに行きましょと久々の鉄板焼きBONへ。

食事はいつもの通り、美味しく頂戴し。

そこへどう見ても20歳ちょっとにしか見えない、4歳と2歳の男の子の母でありのお店のママが。

「keruさん、息子さん、子供のころ悪かったって言ってませんでした?うちの下の子も”この子は悪くなりそうだ”ってよく言われるですよね~、なんか心配で・・・~」ってため息交じりにやってきた。

「そりゃ、悪かったさ、

サトルの悪さは、その年としに様々な悪さだった。初めて気づいたのは、たった生まれて4か月の時です」なんて、会話になり、サトルとイトコのヒロちゃんも、横で”うんうん”とうなずきます。

体が大きかったサトルは

4か月で、もうすでに力が強く、なんでも物を壊した。そしてなんでも口に入れて、味を確かめていた。(そのくせ、腸がめっぽう弱く、すぐ下痢をする。そしてその下痢は1週間以上は止まらないので、私は本当に彼の食べっぷりにハラハラした)

膝に乗せてお茶でも飲もうものなら、一度なんて、ホテルでの食事中にグラスを取られないように気を取られ、両手でテーブルクロスを引っ張られ、

ご想像通り、レストラン中に響き渡る大きな音を立てながらテーブルの食器が吹っ飛んだことがある。

こけても、たんこぶつくっても、血が出ない限りは泣きもしない。私が歌う子守唄やオルゴールには興味を示さず、たった7ヶ月でベビーベッドの柵でつかまり立ちをし、いただきもののオルゴールを粉々に粉砕し、横で洗濯物をたたんでいた私の頭にオルゴール本体を投げて、私は思わず失神しそうになったことがある。とにかく、気を抜いたらアカンのである、笑顔が可愛い赤ちゃんでも力が強いのは恐ろしい。

物を見ると、とにかく舐めて確かめ、粉砕するか、解体する。毎日、毎日、家中の引き出し、扉、すべて開けて中身をすべて出す作業を一日中飽きもしないで続ける。私は危ないものはすべて上のほうに隠し、ゴミ箱やスリッパや危ないものはすべて本棚の上段に上げた。

ゴミを捨てるたびに本棚の扉を開けて、ゴミを捨てる私の行動に来客は「???」だったが、背に腹は変えられない。

私は、子育てはもっと優雅なものかと思っていて、

彼が3歳になるころには、レストランや公共の電車には極力行かなくなった。移動は自転車が車、外食なんて行きたいなんて思わなくなった。

サトルは、目に入るすべて、なににでも興味が示し、

蓋があると蓋をあける、閉まっていると開ける、置いてあるものは位置を変える、穴があると首を突っ込む、糸や棒があると引っ張る、結んでいるとほどく、貼っているものはすべて剥がす、貼るものは貼る、てな調子だ。スーパーに行くと私は針のむしろだ。バギーなんて、どんなにギューギューにベルトで縛っても、一瞬右を見たら隙間から逃げ出す。歩けなくてもスーパーの床をハイハイで、それが恐ろしく早い。床が汚いないんて彼には無関係だ。抱っこは大嫌い、人の膝も嫌い、自分で移動したがる。

歩きだせるようになると、歩く姿は見たことがない。いつも、ぴゅー~っと人の動きの反対を狙っていなくなってしまう。

スーパーに行くと、こっちの棚からこっちの棚、あっちの棚からこっちの棚へと商品の移動作業を好む。私は彼の移動した商品を汗汗元に戻し、右足で彼をはさみ、次の場所へ移動しないように太ももで彼をぎゅーっと挟んで押さえつける。知らない人から見たら、まるで幼児虐待だ。しかし、彼は泣きもせず一瞬の力の緩んだ時にしゅる~っと抜け出して「あっ」と私がひるんだすきに、瞬間移動をこなす。

私は近所で有名だった。

「サトル~っ!!」っと彼の行動を制止するために、始終怒鳴りまくりだった。彼の驚くような行動を制止できるは、彼が一瞬私の声で驚く時だけだった。でも、一瞬だけ動きを止め、すぐ再開するから、私は走って行って「やめなさいっ」と取り上げる。そして、私が元に戻している間に

ぴゅー~っと、瞬間移動し、また次のことをやらかそうとする。常に、目の動きは、自分がしでかすことを探し続けているようだった。

細かい作業は好きだった。たった1歳で、レゴブロックに興味を持ってくれたときは助かった。それからは食事に行っても、レゴブロックを渡しておくと何時間でも積み上げて遊んでいる。1歳のときはレゴブロックは難しいので1個積むのに5分以上かかる。それを縦に意味もなく、つなげ続ける。

彼は、それを私に自慢して褒めてもらうことよりも、出来上がった縦につみあがったレゴブロックを30分おきに眺めては、嬉しそうな顔をする。そして、もう飽きたかと思いきや最高で5時間動かずにレゴブロックを積み続ける、

というレゴブロックさまさまであった。

続く・・・。

2011/04/21

癒し。

癒し。
結果的には。

期間限定で、各社春に出るのよ。

2011/04/11

さとみちゃんへ

親愛なる、さとみちゃんへ
 
昨日の日曜は、やはり辟易溜まりっぱなしの家事と、事務所の掃除と、
そしての打ちっぱなし。
いつもは日曜カップルとおっさんと上手目なゴルフレディに挟まれ、肩身狭くストレス感じながらの、打ちっぱなし。
カスッカスッとしたボールの動きが、私の全てのような気がして
帰宅しても家事が手につかず、(更年期が理由やったっけ?)
ふて寝をするのが、私の日曜。
 
それが、昨日はボールがよく飛ぶ。たまには、こんなこともあるもんだ、といっても5番アイアンが120ヤードグリーンに落ちるくらいだがね。
 
 
 
帰宅した。
 
 
機嫌がよい。
たまにの半日の休日、これが、ほんまの休日というもののはずじゃない?
帰宅した。
家事にやる気が生じた。
ころもがえ。
 
ベランダ磨き。
 
そして、
さとみちゃんに教えてもらった
まさか外れるとは知らなかったバスタブ全面パネル掃除。
この世のものとは信じられないカビだった。
ピカピカにした。
 
やる気スイッチ 入った、しかし、
以前のように体力はなく、家事したら、
むちゃ疲れた、飲んでマスターズ観た。
まるで、たまの休みに
『おと〜さん、
たまには家事手伝って!ちから仕事のバスタブ全面パネル外して、洗ってねっ』と、妻に言われ、
『来週、付き合いゴルフやから、打ちっぱなしいってからな。』という中年親父みたいな休日でした。
 
 
なんのこちっゃ

2011/04/09

ここ最近。

Img_6461_2

それぞれに、思うところありでしょうし。。。(会館からの帰り道、やっぱり日本の花は美しいなぁ)

私は、自分の歩いている道の石ころにつまずいたり、くぼみに足を取られたり、道に迷うことだらけなのだけれど。

近々、母の法事があり、

長男さとるに連絡を入れると、

その日は選挙が近く休日勤務なのだそう、、、エラそうに「仕事やねん」と答えやがった。

一人前な口さ、ききやがってぇ。

私は、未だに自分の父親に「仕事やねん」が言えずにいる。

”何が、仕事やねんだっ。一人前な仕事なんてしてない癖に”と言われるのが癪なのである。

そりゃそうだ、と思えそうだからである。

生きていて何が一番アカンことか、と言うと、

”勘違い”である。やったつもり、できたつもり、そして一番恥ずかしいのも”勘違い”であると思っている、なったつもり。

でも、長男のエラそうな、いっちょまえな、セリフに

遅まきながら、やっとこさ、少しだけほっとした。

あいつには苦労したから。

まだまだ、彼の人生はこれからこれから、ようやく一歩を踏み出したところだ。

私が今から彼にしてやれることは、

”つもり”の勘違いはアカンよ、って、教えてあげることしかないと思う。

と、酔っぱらうと

涙と鼻水垂らしながら、

自分にも言い聞かせるのです。

★以前に、心ふるえる話の中で喋りました。

中村勘三郎さんが、おっしゃっておりました。

芸の世界も厳しいでしょう、そして役者たる姿には生き様も映し出され、人となりを磨くことが芸を磨くことになるのでしょうね。

「歌舞伎役者たるもの“役者”ぶっては決してならない、“役者”らしくあれ!」

私の心ふるえる言葉です。戒めの言葉となっております、はい。

2011/04/01

至福の時。

2011040118580000_2

今日は、みかりん

自分のお金で

ふぐ。

食べたかったんだよ〜
唐揚げ。

久々の投稿にふさわしいネタか!?

2011040112380000_3

ぎゃあ〜
ある人から送られてきた〜!

願いを明らかにしたら
叶う

もんだなあ。

感謝します。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »