« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011/06/30

快適、なぜか。

快適、なぜか。
なんか、6月は目新しいことがたくさんあって、あっという間に過ぎた。

半期。

だからか、淀屋橋から歩きたくなって
徒歩で事務所まで。


風があってきもちよい。
しかし、いまは13時。
私みたいなんが、
自覚ない熱中症とかになるんかなあ。


ドライバーズハイ!?

2011/06/26

奇行文~すんません編

ゆったりとさわやかに歩いた街並み。

(本人はそのつもりだったが、重い荷物とお土産と、スーツジャケット、アルコールで血液どろどろの汗まみれ、のボロ雑巾中年オンナでしかなかったと思う、見た目には)

eye福井藩邸跡の京都国際ホテル

Photo_6

ちゃいます、赤坂ニューオータニホテル

eye谷町筋、谷九交差点あたり。

Photo_8

ちゃいます、赤坂4丁目。

eye万博公園とおり。

Photo_10

ちゃいます、赤坂見附交差点。

eye京都龍谷大学。

Photo_12

ちゃいます、上智大学。

eye天王寺駅前

Photo_19

ちゃいます、JR四ッ谷駅前交差点。

京阪河原町三条駅、、、sweat01ちゃいますわ。

Photo_18

いかがなものでしょうか。

2011/06/25

遠征〜紀行文


昨日から東京へ。

3月にも、昨年11月にもいきましたが、日帰りで特にどこへもいかず、ただ単に大きく移動するだけ、
だった。

今回は金曜だし(泊まるのに一番都合がいい、明日は金曜でもないし、月曜でもない、一番気楽な土曜日だ)トウキョウブックマークで一泊し、便乗目的を達成することにした。
昨夜、たっぷり睡眠をとり、新幹線内での『やってけ仕事=やっつけ仕事』も、まいいかレベルだし、長い紀行文を投稿します。覚悟して読んでください。
スピンオフ企画で、『遠征~奇行文』もアップのこころみ中。

会場は東京會舘

私はオヤジではないので東京に思い入れはない。銀座のクラブにいかないからである。やはり、これは超一流で。
(一流=高級では必ずしもないが、やはりそれなりのブランドにはプロとしてのプライドある提供力がある!)

東京で一番気に入った街が、この
『丸の内』だ。皇居があるから、そして
だから皇居がある。

Photo

私の街のチョイスポイントは
『歩く』
道の姿~歩道や、街灯、そして交差点。
大阪で好きなのは
堂島と中之島。

丸の内は、次回滞在時間を5時間と決めて、再来することにしよっと。
shoppingには疲れるが、街に路面店があり、ブランド店が立ち並ぶ姿は大人感があって歩くのには気持ちがよいよね。そうそう、丸の内は大人の街なんだわ。

えっと、、

前置きはさておき、

便乗目的その1、えんちゃんとご飯。

これはえんちゃんの都合で、8時から会合の後赤坂見附のタリーズコーヒー30分待った、私は、前日の丑三つ時までの飲みがたたり、爆睡するという失態をお東京の若者にさらしてしまった。

しかし、、えんちゃんとは無事に会えて赤坂見附の居酒屋で何時間もしゃべり続けたので、”達成”

便乗目的その2

おしゃれなスイーツをGetすること。これは大阪でなんでも入手できる昨今、結構難しいミッションである。それで、思い出したのが昨年の名古屋出張で入手したラデュレのマカロン。

これに物語は端を発して、私のマカロン物語は始まった、人生にマカロンが大きく位置付いたのではないかと信じている。マカロンは、流行りだしてから実は敢えて5年間程、興味が湧かず手をつけなかった。

だって、あんなに小さいもので、最近はローソンだってそこそこスイーツが充実している現代に、たかが直径3センチの卵の白身泡だてて色粉で赤色付けた”かるかん”みたいな代物に、1個300円も出して、いや300円もするのだから不味いはすはないけれど、

300円やらを出す必要がある?!

あえてのこの飽食の時代に購買意欲がわくほどの、代物のわけはない。きっと、あれは英国王室御用達ハロッズみたいなもんだろうと、バカにした。(わかります?)

しかし。ラデュレのマカロンとの出会いは、私のまた思い込み人生にチャチャを入れるほどのものだったのです。

本当においしいんだ。

しかし、ラデュレは名古屋でしか買えなかった、昨年までは。

これは最初に食べたときに結構感動した。今時何でもおいしい時代に、なんやろか私の中学時代のあこがれのフランスのパリの、マリーアントワネットの、森村桂パリへ行くのクロックムッシュの、凱旋門の、エッフェル塔の、シャンパーニュの、ルーブル美術館の感動だった。

で、情報を収集して次のターゲッティングマカロンはピエールエルメ

Photo_4

Photo_5

Photo_7

↓、これはすごいでしょ。700円くらいするんだよ。

Photo_6

後でわかったのですが、マカロンではこのラデュレとピエールエルメがかなりの人気だそうです。で調べてみたら赤坂見附の私のホテルから近いニューオータニにこの店を見つけた。

朝はゆっくりと起きて、チェックアウトをしたら東京の街を歩いた。確かに東京の街は緑が多いよね。

で、ニューオータニでゆっくり目の朝ごはん。

Nyuotani2

さすがやわ、この景色を見ながらであるにしても↓これで1,700円ブレックファースト

Nyuotani1

時間がなくてのたった1杯のコーヒーと、ちょぼっとした1かけのミルクパン、ふんわりホイップバター、そして不味いけれど我慢して飲むトマトジュース。

仕方ない、ニューオータニの朝だしさ。

その場で食べた、マカロン。

確かに美味い。

マカロンは繊細なスイーツなんだ、一流が前面に出てごまかせないんだ。生クリームや旬のフルーツや洋酒やバニラの香りだけでは本物ではないんだ。マカロンは小ちゃすぎて、ものすごく柔らかく、日持ちもしない。これがマカロンの魅力でしょうか。フランスのパリの凱旋門のシャンゼリゼ通りのエッフェル塔の歴史あるスイーツなんだ。

大人の私にぴったりじゃん?!(ちなみに私はピスタチオが好きです)

全部で10,000円。ミッション達成。

これで、

今回の私のMyトウキョウブックマーク終了。

満足shine

2011/06/21

いやはやの6月半ば(誕生月が近いし)

いやあ、早いよね。

6月も半ば。

やはり6月は毎度のことながら、”魔のとき”に近く、だけど今年は余り体調も悪くなく、精神状態もいたって普通で、バタバタは一年のうち2番目くらいかな。

来月はお誕生日月だし、

何かイベントを。

その1)脂肪吸引をする~これは、内出血をかなりの間起こし、なんだか脂肪をバキュームで吸うのだから効果はあると思っていたけれど、痛みと大枚の割に評価が低い。

その2)お見合いクラブに登録する~これは、どこに登録しようと”需要と供給"の問題だから、まわりの9割以上が男性社会に生きている現在でこの状況なら、期待は持てそうにない、花開く未来が待っているとは、とても思えない。

その3)一人で沖縄に行く~いや行かない。一度は40歳(?)の誕生日は沖縄で過ごす、とも考えていたけれど、想像しても、贔屓目に夢見ても、楽しそうにない。なんてたってビキニが許されなくなったら沖縄はビーチではなく、単なる灼熱地獄のような気がする。

その4)ある社長に言われた「白のバーキン持ってくださいよ(笑)」冗談とも、嫌味ともつかずの台詞だったが、いつかはバーキンもつものよいかな、と考えかけた時期もあったが、それはセレブな友人たちの影響か、自分だってそんな時期が来るような気がしていた、年齢さえ重ねれば。しかし、私の生き様では、バーキンは一生縁がなさそうである。そして、私が持ったら似合いすぎて、成金オンナ社長にしか見えない。今はそのような風評は不必要なので、そしてとくに欲しくもないし、持って行くところが全くないので、

いや、まったく購入する資産とは縁がないので買わない…買えないか。

その5)ダイヤピアスも買わない。アレルギーで唯一のアクセサリー穴もふさがってしまった。指輪もできない、時計は一個あればいい。服も制服=作業服のようなスーツまたは(高級なスーツを買ったこともない)、靴は顧問先で購入、カバンは実はデザインの好みではなく仕事に似合う物しか持たなくなった。

その6)と、いうことで仕方がないので自分の誕生日に欲しいものを楽天で探している

~あまり心が動かなかった、この2週間。

これ、欲しい~っと思ったのは

Bearptcb04_2

これ、欲しい。

ほんま可愛い。

(私にプレゼントしようと思っても無駄ですよ、もうすでに持ってますし。)

ゴルフクラブはどうでもよいのだけれど、ヘッドカバーはすぐ欲しくなる。

誰かの孫の次に可愛い。

あ~、欲しいものはすべて手に入れる!

これが私の生きる道。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »