« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/29

ここ一番の反省ネタ。

ブログに自虐ネタあげて、皆様に喜んでいただきたい訳ではないのよ。
 
精神バランス崩すくらい落ち込むのですよ、私だって。
で、反省して、みんなに
『大丈夫ですよ』と、言ってもらうためにメールしまくり、安心して精神バランスとりたもつためにネタ書きますねん。
 
 
最近の反省ネタワースト3。
まず、一つ目は軽め、ね。
タイトルtyphoon二度見
最近、車を運転中、歩いて移動中、電車吊り広告をぼやっと見ているときに
『えっ!??』と仰天しながら二度見する、そのときの形相はほんま、恐ろしくおののいているはずだ。
まずは漢字の読み間違い、それも同じ間違いを何度もする。自分で辟易するほどだ。
『徳』という漢字を見かけると、必ず『悪徳』に見え、『豊』という漢字を見かけると、必ず『豊胸』に見える。
一瞬思考が停止して、二度見する。
 
一瞬思考が停止するのは、「んな、訳はないっsweat01しかし、全くなにもひらめかず、意味が理解できず、二度見だ。
『おじさんが持つコンビニビニール袋、普通のスーツ姿のおじさんが真っ白なウサギのぬいぐるみの方耳を持っている』ように、『おねえさんが背負う茶色いリュック、普通のおねえさんが大きく背中を見せびらかせている』ように見える。
自分でも頭悪い女やなあと、認めざるを得ない。
 
 
二つ目はミディアムね。
タイトルtyphoon神声。
自分でもなぜか公共の場で大声を出してしまう、それも一人でいるときに。
昨日、
事務所に人が来るのは18時、堂島を出たのが17時半。急ぎ足で歩き北新地駅から電車に乗って2分と駅から徒歩4分で事務所に戻れる。うんうん、ちょうどよい時間だ。
電車が到着し車両に乗り込む。
電車が発車する、
電車が動き出した。
すると、わたし、
「反対かっ!!!」車両の中で大注目になるほど、大声で叫ぶ。
叫んでから、反対方向の電車に乗り込んだ自分のミスに気づく。
間違いを認識する前に、叫ぶなんて
神業だ。
っていうか、
ほんま、
ミスする私も、大声出す私も
大嫌いである。
へびーな
タイトルtyphoon悪酔い。
記憶がなくなることがますます多くなった。
こないだの土曜はひどかった。
日曜の朝、
まったく、思い出さない。二日酔いとかにはなっていない。寝不足でもない、気分は快適だ。
なのに、、、記憶がない。
飲み出したのは18時、1件目。
2件目はカラオケ、部屋を出る瞬間から記憶が曖昧になっている。
朝起きた時に思い出せたのはここまで。
次の記憶は、ラーメン屋だ。
怒鳴りまくりながらラーメンを食べた記憶がある。
夜中にラーメン、50歳オンナのすることではない。
こんなことが多々ある。
翌日、立ち直れないくらいに反省する。
3日くらいで立ち直る。
また、記憶をなくす。
また、落ち込む。
すぐに立ち直る。
この土曜日の記憶は③日間くらいかけて、何人もの記憶をつなげまくり、
そうすると、記憶がつながり、思いだしてくる。
しかし、思い出すことに何の意味があるのか。
聞くと、
3件目はワインバー。
次がラーメン。
この辺りは一緒に歩いていた4人ともが判断力をなくして、ラーメンを食べたとしか考えられない。
もう、開き直りだ。
っで、こんなネタ毎回提供できるこの愛すべき中年オンナだとは思えませんか?
もし、
おもってくれるなら、お願いがあります。
みんな、
私のことは
毎回、
すっかり、
完全に、
記憶の中から消し去ってくれ。

2011/11/21

老い。

老い。
これなにかわかります?


毎朝、私の人差し指の状態はこうなる。


オンナは、
オンナて世間からは認められなくくても、年齢外でも、本人の意思とも別に、
メイクなしでは人前に出られません。それは、
相手に失礼だからです。
髭、そらないで人に会うのは、
だらしない、
との印象をあたえますでしょ。

そりゃ、オシャレに髭を伸ばすことも、ありかもしれません。

小雪がノーメイクで、あなたに会いに来たとしても、そのノーメイクの前にノーメイクになるための時間労力お金を費やしたプロセスがあるから、成立するだけです。


私ら、凡オバは朝からご飯食べるようにメイクします。
最近は、
視力の衰え、厳しく、
メイクも(生活のすべてにおいて)ブライオリティ重要です。

メイクにも意味があり、
ぼやけた顔の印象にメリハリつけるために眉毛を書きます、
めぢから加えるためにアイライン引きます、
見開いた目に見えるようマスカラを塗ります、
くすんだ顔色き血色を与えるためチークをいれます、意地悪な印象を取り除くためにリップを引きます。

大変なのよ。

前は近眼だったから、顔洗って後はとにかくコンタクトを入れてメイクしてた。

いまは、
近眼と遠視の老眼だからさ、
家事を片付けなから(洗濯したり、ごみ収集したり、テレビ観たり、食器洗ったりしまったり、)
近眼眼鏡をかけたり、はずしたり。
コンタクトを入れるタイミングも決まってる。これを間違えたらラインもマスカラも、どこに塗りたくるか、それがまちがってるかさえ、わからない。


しかし、
ぎりぎりの視力で24時間戦ってるわたしには、ぎりぎりの仕方なしのミスが、毎日毎日ある。

毎朝、毎朝、
私の指はこうなる。


眉毛を書いて、ラインも引いたあとにコンタクトを入れる、
そのあとにマスカラを塗る。マスカラなんて適当にまつげの先っぽにサラサラと塗るから感覚でやりこなせる。

しかし、
マスカラのブラシを
ボトルに入れることができないのよ。

毎朝、マスカラを塗る、ボトルにブラシを
、えいっと、
しまおうとする、


けれど、
入らない。

情けない。

最近では、
手元のご飯に焦点が合わず、ま、長年のキャリアあるお箸技術は高く、勘で掴むことはできる、

しかし、口に入れたら、味が予測を外れビックリすることがある。このまえなんか、本気でシソだと思って口にいれたのはバランだった、多分目の前の人は気づいた、あれは食べられないもの。


ゴルフのあとのお風呂では、自分で持ってきたボトルすらも、備え付けのボトルも、中身がどれがクレンジングだか、クリームだか全くわからず、なみへらちゃんに頼る。
なみへらちゃんがいないときは、臭いを嗅いでみる。でも、まちがえるときがある。

玉ねぎを切る、手元は老眼鏡でも近眼矯正コンタクトでも、焦点合わず、緩めの矯正コンタクトで中腰で、それも割りに見える左目ではすに構えて切る。変なオバだ。


一番ひどかったのは、
駅前第3ビルのエレベーター。
節電対策なのか、エレベーターないは少し暗い
。エレベーターに乗り込み、いきたい階のボタンを押そうと思ったが、みえない。ようやく押したときには通りすぎ、また見たがよく見えず、また通りすぎ、で地下2階から最上階、そしてまた地下2階に降りて、今度は学習能力駆使し、覚えた降りたい階のボタンの位置でやっとこさ降りられた。乗り合わせた人からは、かなり反射神経鈍いおばはんにしか見えなかったはずた、ボタンの前でしばらく考え、通りすぎた階のボタンを押すのだから。

情けない。


あ〜ほんま、
情けなく、悲しい。

価格破壊にも程が。

価格破壊にも程が。

今日も移動多く、
今から遅めのお昼。
 
 
安いよ、大阪。
 
580円のチキンカツランチ
どんな量やねんっ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »