« 発熱。 | トップページ | まったくもって、男というやつらは。 »

2012/04/29

天才になりたかった。

どんな人になりたいか。

子供のころからの夢を(以前にお話ししましたように、FBI捜査官になりたかったのだけれど)

未だに捨てきれない!?

違うな、

諦めきれない!?

(この中でお話しする“夢”は、よく今日この頃ビジネス本タイトルで目にする”実現するのが夢”とは違う次元のものだな)

「天才になりたかった」

平平凡凡ではなく、なにかの“天才”になりたかった。

私はよくいいますが、ものすごく“凡人”です。それはそれでいいとか悪いとかではなく、単なる“事実”なのですがね、
”秀でる才能”を持ち合わせていない、、、と、いうことです。


私の本当の真の取り柄は、人を妬まない、ってことだと自分でいつも思います。これは、努力ではなく、やっかまないから、ひがまないから、ジェラシーを感じにくいから、

人とのお付き合いの中で、皆さんに評価していただく、

フランクで、

気負わない、

関係性が築けるのだと思っています。

そして、

私とのお付き合いのある方は、世の中、人間関係をしんどくさせる“ねたみ””やっかみ”が何かを知っている人が多く、

本当の、真の、お付き合いができるのだと、

平々凡々人であるなかで、

幸せな人間関係の中で、居場所を持っているんだなと感じています。

しかし、

才能が人より秀ででいる何かを持っている人に対して、

むちゃむちゃ羨ましい、と感じます。

私のあこがれは芸術的な才能。

その、世界観に憧れたことは昔あってね、

ピアノ、

油絵、

フラワーアレンジメント、

トールペインt。

短いもので5年、長いもので13年くらい習い事をいたしましたが、

その才能を開花させる人が一部いる中で、

いつも、

入口は普通で、出口はイマイチなんですよ。

そんな中、

いっつも、

言われ続けてきた、

「keruさん、もう“フラワーアレンジメント(またはトールペイント、または絵の勉強)”はいいから、

私の助手にならない?」

これも、

私の

“一つの才能”という風に

自分を認められた時が

夢が叶う瞬間、

とも、いえなくもない。

・・・気がする。

« 発熱。 | トップページ | まったくもって、男というやつらは。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自己認知って難しいですね(笑)鉄おんさんは、周囲から見ると十分天才ですよ。

自己認知って難しいですね(笑)鉄おんさんは、周囲から見ると十分天才ですよ。

ちゃかだくん

いえ、悲しいくらいの普通のおばさんで。
はい、幸せな程度の普通のおんなです。

ちゃかだくん

いえ、悲しいくらいの普通のおばさんで。
はい、幸せな程度の普通のおんなです。

ちょっとバグぽい。ダブルでコメントされます。
ソフトバンクかちゅうの。

ちょっとバグぽい。ダブルでコメントされます。
ソフトバンクかちゅうの。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206078/54585513

この記事へのトラックバック一覧です: 天才になりたかった。:

« 発熱。 | トップページ | まったくもって、男というやつらは。 »