« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012/08/18

アルコールのカロリー

アルコールのカロリー

生ビール
(大ビン1本)
焼酎(コップ1) 生ビール
(中ジョッキ)
250kcal 250kcal 200kcal
日本酒(とっくり1本 コップ1杯) 紹興酒(1合180ml) ウイスキー
(ダブル1杯)
200kcal 200kcal 150kcal
サワー 老酒(100ml) 生ビール(ロング
グラス250ml)
140kcal 105kcal 100kcal
グラスワイン
(120ml)
ウーロンハイ
(コップ1杯)
シャンパン
(グラス1杯80ml)
100kcal 90kcal 80kcal
ウイスキー
(シングル30ml)
ブランデー
(シングル30cc)
バーボン
(シングル30cc)
75kcal 75kcal 65kcal

誰が一番か。

誰が一番。


一般的には、どうだか知らないが、

誰が一番、

ワガママ、か。

気が強い、か。

口が悪い、か。

または、

誰が一番、

口数が多い、か。

我が強い、か。

へっ!?

しょうちゃんと言い争いになる。

しょうちゃんは、半笑いで

「そりゃ、ジブンやろっ」という。私は当然反撃する。

「その言葉っsweat01、そのまま”のし”付けてお返しいたしますわっ」と、

終わらない言い争いになる、


大体のお決まりは、

ちゃかだが、口を四角くして微笑みながら

「お互い様だと思いますけれどね~」というと、

しょうちゃんと私は「はあ~っ!ちゃかだ、ええ加減にせえよ、意味わからんしっ」と、八つ当たりする。





しょうちゃんの事務所に最近、お邪魔した時のこと。

普通に”とんとん”とドアをノックし、事務所に楚々と入室。

「お邪魔しますう~、こんにちは」

すると、しょうちゃん。

ちらりと顔をあげ、小っちゃい目をこちらに向け、

「なんやっ、殴りこみかっ!?」

すかさず返す。

「はっ!?たった一人っで殴り込みするアホがいるかっ!?」

すると、しょうちゃん。

「ジブン、もうちょっとオンナらしいできんのかっ!?

オレはジブンより、年上やぞっ!?」

確かに、

どっちもどっちである。

ふみちゃんが「まあまあ、兄弟げんかは虫も食べませんよ」みたいな。

おおはらは、「あはははは」と笑うのみ。


誰が一番、

ワガママ、か。

気が強い、か。

口が悪い、か。

または、

誰が一番、

口数が多い、か。

我が強い、か。

すべて、どっちもどっちだな。

2012/08/12

オリンピック。

オリンピック、意外に見まくりです。

自宅で何かしていても、
観たい選手の名前が聞こえたり、すると、

慌てて、テレビに近づき、

ボリュームを上げようとリモコンボタンを押す、

しかし、

最近の日常生活の反射神経までもが老いに冒されている私は、

エアコンのリモコンボタンのスイッチを押してしまい、

(暑いがなっと自分に突っ込みながら)


「あ~っ」

っと、もっと慌ててテレビの電源を消してしまい、
いや、
下手すると、リモコンを大事な場面で床に落とし、
「あ~っ」
リモコンの蓋が取れて電池が飛び出し、
転がり走る電池を追いかけ、
「あ~あ、、、」とほほ。

見たい場面を見落とし、


落ち込む。。。

横でそれを見ている娘二人は、
三つ目の私の「あ~」ぐらいで、やっと顔をiPhoneから上げ
「ふっ」と笑いながら首を横に2回振り、

(あり得へん)みないな表情をする。

悲しい。。。

暑い毎日にスパイシーな面々。

ゆうちゃんが、突然事務所にやってきた。

彼女は最近、絶好調で、

間違えた、

幸せの絶頂期で、(勝手に)

だいたい私を訪ねてくるのは、なんか、また、おかしなことを、

突拍子もないことを、

思い付いたに決まってるんだ。

 

「なによ。」

堅い無表情で、久しぶりに会う妹に、そっけない私である。

しかし、ゆうちゃんは全く気にしない。

久しぶりに訪ねてきた事務所に、50歳近くなっても今だ尚、生あし、ミニスカート、当然に手ぶらである。

「仏間を潰して、お父さんの寝室にしたい、おとうさん最近弱々しくなり、わたし、そんな2軒の家をいったりきたりすんの大変やもん」

ゆうちゃんは、別に働いていない。

胃ガンの手術をして、

やっと勇退して、

妻を亡くし、一人暮らしの父親のご飯の支度もしてないはずだ。

「ゆうちゃん、おとうさんの晩御飯してくれているの?」

「うん、ときどき」

私はゆうちゃんとの付き合いは長いので、どのアプローチで彼女の奇行を制止できるかを割に理解している。敢えて激昂させるようにもっていくときもあるし、彼女の琴線に触れるようにはなしをもっていくときもあるが、本日はパターンCである。

「仏間を潰したいのね(理由はわからないが、この子は自分が何かをしたいときに“叱られないような”嘘を主張しようとする子供のような癖があるのだ)、おとうさんはまだそこまで弱ってる訳じゃないから、お父さんに私から仏間を潰す話は持って行ってあげるから、お父さんの寝室移動の話はアンタからしないでね」

っと、いうとニコっと笑って、うんお願いと言って帰って行った。

さて、この話をどう父親に持っていくか。

ゆうちゃんは行動力は妙にあり、言いだしたら、聞かない。

古くなった仏間を潰すけれども、ちゃんとお仏壇のお世話を妹にさせることを約束させるしかない。

父親はゆうちゃんとも付き合いが長いはずなのに、いつも頭ごなしに娘を叱り、「また!私のすることにいちいちダメ出しをするっ!」っと、大喧嘩になってしまう。

たまたま、その翌日会った父親にこの話をすると、

「あいつ、やっぱり頭おかしいな」と、つぶやいた。

確かに、父親はまだ寝室を娘に出入りしてもらうほど弱ってもないし、父親と妹の家は同じ敷地内移動も大変でもないし、
「ご飯なんて作ってもらったことない」らしいし、(それどころか、最近はお茄子を炊いて妹の家に父親が運んだくらい)、
何を急に思って父親の看病するのを“理由”にしだしたのか全くの不明である。

お盆には、ご詠歌をあげに実家に帰る。

思いやられる、また、また、大騒ぎになりそうな気配だ。

しかし、もっとダメな私は走って父親のもとに行けない。
ゆうちゃんにお願いするしかないから、2人の間をズルく挟まれるしかない。


15年ぶりの友人と食事をした。

はるみちゃん。

歳は4つ上。

奔放。

平成8年、震災の翌年にまだまだ避難所になっている小学校のなりてのない役員を一緒に引き受けた。

自分のこと、かわいいだの美人だの足がきれいだの、豪語し、

それから約2年後にに離婚し、翌年に15歳年下の彼氏を紹介してくれたなあ。

 

最近、いきなり携帯に連絡があり「あんたあ!元気にしてんのっ?福島におんねんて?わたし、吹田やねん。久し振りに飲みに行こうやっ!」ほんま、こんな喋り方。

 

で、会うのだか、

 

久々だし、仕事きちんと片付けて、遅くまで飲む覚悟をしていた。

だが、彼女は

18時半に液待ち合わせたのだか、1時間半くらい経った20時過ぎに、

「明日仕事やしな、

(みんなやっちゅうねんっ!!?)

ダーリンにここまで迎えに来てもらう事になってんねん、

ごめんなあ」

と8時半には、そそくさとお迎えの車で帰宅してしまった。

 

「ダーリン」

って、一体なんのことを言うんだ!?

意味わからんし。

しかし、相変わらず彼女の表情はキラキラ輝いていて、「あんた~、ほんま毎日楽しいあたしを見習いや~」どうやら、彼女には仕事どっぷりの私などが全く理解できず、
(いや、理解できないのではなく、アホやと思っているに違いない)

(実は私は仕事ばかりではなく、普通に普通に
毎日はどんちゃん騒ぎなだけであるが)

しかし、彼女は、サビシイオンナノ代名詞を私にしてるようだ、
ま、
当たらずも遠からず、なのは認める。


こんなことが、
あって、
やっと、
私は自分を振り返り、
「こんなんでいいのかなぁ」っと、自分の生き方を反省する。

2012/08/10

成の果て。

成の果て。
前にもは馴染ましたが、
お酒をしこたまいただいた帰り道、私の手はこうなる。

これは、酔ったオンナが、
千鳥足、

てな訳にはいかいんっすよ。
っで、転ばないように、
よたよたしないように、
一生懸命足を踏ん張って、駅の壁でバランス取りながら、
の、
努力の
顛末です。
あ、駅の壁はタイルできれいに見えても、
かなり、
真っ黒だよ。

大笑いの巻。

あっ子さんの話。

テレビでタモリさんがしていた。

彼女の武勇伝。


ゴルフでの一場面。

彼女の手は大きく、

カップインしたボールを取ろうとしたが、
手が大きく(掴みどりのイメージかな)
ボールを持った手がカップから抜けなかったらしい。。。


ここまでで大笑いだが、
そのボールを掴んだままカップの手を力任せに抜こうとしたら、

グリーンごと、

ぼかんっって、


取れたんだって。

(大笑)

2012/08/06


残暑お見舞い申し上げます。

夏には強いと自信ある私で、参りはしておりませんが、

汗だらだら流れます、まだ8時台なのに、本日の夜、お食事ご一緒する皆様、わたしは外回りですから汗くさいよ。
みなさまも、ご自愛くださいませ。
☆なかたけいこ☆☆☆

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »