« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012/10/25

えらいことが。

えらいことが。

今日は、
毎年恒例、お客さんとこの総勢50名近くのゴルフコンペやから、
(なぜ、コンペどころじゃないスコアの私が、
なぜ、コンペの幹事お世話係りをすることなく、
なぜ、この第36回も続く由緒ある会に、
 
参加することができるかは、
吃驚仰天、
である。)
 
 
よちよちゴルフの私には前日から、いや先日の支部下手ゴルフの結果が芳しくなく、
それに、
会社の人はしってても、ここの取引先まで知らんしね、
一緒に回る方も、
上手なんか、
何歳ぐらいか、
どんな人なんだか、
知らんしね、下手ゴルフで怒らせたら、どうすんねんっ!?
 
 
ここ最近は、
不安と緊張の日々である、、、
 
ゴルフ場も、またまた、緊張の終わらない、OBない、すばらしい、
サイプレス。
 
前日は勉強会も会議も飲み会もデートもない、9時半には帰宅し、
そのまた前日は飲み過ぎ、夜更かしだったから、
さらっと1本飲んで、野菜スティックつまんで、
明日の準備して、
早めに就寝、する。
 
 
 
そして、
朝、
が、
が、
が、だ。
 
 
朝がた、何度も何度も目が覚めて、寝坊したかと、飛び起きる。
 
私のゴルフの腕前は、
人に頼るの嫌い、
人のお世話になるの嫌い、人に迷惑かけるの大嫌い、
の私の信念ねじ曲げて、の下手下手よちよち、
だから、
 
私のゴルフは
朝遅刻しない、
もしかしたら他の人を車で送迎する、
そして数えきれないスコアをカウンターで数える。
が、責務である。
 
 
 
 
 
が、
今朝はプレッシャーか?
寝坊しました、
何年ぶりだ、
 
6時半新阪急ホテル集合で6時10分前に起きた!
 
中途半端な寝坊で、
死の形相で、
挑めば、
間に合う!?
(なんぼ家チカでも6時には家でないとあかんから、普通の中年レディは、間に合わんよ。)
しかし、わたしは間に合うのだ!
顔をひなの水浴びのようにばしゃばしゃ洗ったら、クリームつけてファンデつけて、まゆ毛だけ真面目に書いて、合間に歯を磨く、リップ塗って、コンタクトいれて、合間合間に下着つけて、ブラウス着て、靴下履いて、ズボン履いて、ジャケット着て、、鞄2つもって、鍵閉めて、はい、ぬかりも忘れ物もないっ!いざ出陣!
6時に自宅を出発した。
「はあ、焦ったぜ、
これだと、
普通に間に合うぜい
さっすが、デキるオンナっ!と自画自賛。」
(しかし、そんなに全てうまくはいかなのだよね)
 
て、昨夜は考えてなかった、新阪急ホテルまでどうやっていく?
あ、阪神は中途半端やなあ、かといって環状線も中途半端だ、も、あわてるよりタクシーか、
その時、
と、気づいた。
タクシーが見えない。
「!?」
あ、
かたっぽしかコンタクトレンズが入ってない!?
え!?
いや、

予備をポーチにいれてるはず!?
探したが見当たらない、

そうだ、

一昨日予備を使った!?補充してない!?
ちょっと、落ち着け!
ゴルフセットにはいつもコンタクトレンズ予備をいれてる!いや、昨日はなぜか帰宅が早かったせいでバッグ入れ換えたから!?
いや?

ゴルフお風呂セットはそのままだ!だから、必ず予備はあるはず!?
 
 
交差点で回らない思考回路をフル回転さそうと必死だ。
慌てるのも、問題解決もイヤだし、もうなかったことにして片目でいくか!?

いや、
あかん~、見えへんっsweat01
慌てるな、落ち着いて、考える。
今日は、団体送迎バス、
別に団体バスに乗ることが目的ではない。
 
サイプレスゴルフコンペが、、
目的だ。
他の見ず知らずの方々に迷惑かけられないし、
かっちょわるいしね、
バス集合に遅刻するの。そうだ、別にバスに乗らなきゃ十分に間に合うじゃん。
 
 
で、家にコンタクト取りに戻ることにした。
スタートは9時40分、いまは6時5分、団体バスは乗るのは止めて、自分で運転しにいこう、皆さんを待たす訳にはいかない、ゴルフにコンタクトレンズなしも不可能、
と、専務に電話する。
 
 
こちらの社長も大阪弁のキャラ濃い方だが、
専務もかなりキャラ濃い。いつも、打合せする社員さんたちからは社長とこちらの専務は同列だ。
 
 
迷惑かけるより、この時間なら待たせてないからそれがベストだ。
「専務、忘れ物したんで家に戻ります、申し訳ないですが、バスに乗るのは止めて自分の車を運転していきますわ」
と、いった。早めの間違いのない判断だ。
 
 
 
そしたら、(また、こちらの専務もまた、声がでかい。)
携帯電話で話してるが、ハンズフリーかっ!?
みたいな、でかい声で、
 
 
「まだ時間あるがな~!!
自宅マンションの前まで、迎えにいくがな~!!
かまへん、かまへん。
そこにいといて〜(専務ともちょこちょこ飲みに行き、タクシーで自宅前まで送り届けてもらったことがあるから私の自宅はご存知です)
家の前に10分でいくからな!」
 
 
いや、
でも、
それは、
 
 
なんぼなんでもさ…。
アカンやろっ。



そのあとも、
やはり、
想定通りに、
専務は、
会う人、会う人に、
「この人なあ、
家のまん前までバスで迎えに来いっちゅうねんで~あはは~」
やて。
多分、次のコンペまでは言われ続けるな。
私と同じ組の社長に、
「このひとなあ、
ドライバーだけボカンと飛ばして、あと、
むちゃくちゃやねん、丁寧に教えてやってやっ!」
やて。
人騒がせなオンナは、
この言動派手な専務のお影で、
ナリを潜め、
地味な、一日をわりに遅れる羽目になったのだ。
 
 
↑こちらのコンペは、みんなのティーショットをビデオ撮影し、編集して、懇親会時に流してワイワイいう。担当のこの場に不釣り合いなスーツ姿、私らからしたら明確にした方がいいですよの、誠実に職務遂行の社員さん二人。
 
 
 

2012/10/21

私という人。

友人とのおいしい焼き肉ご飯。

その席での会話。

Img_3823_2
(うに乗せハラミ)

昔ながらのその友人は、大変心の優しいいい子なんです。しかし、時には優しすぎて、というエピソードが昔からいくつかある。

一般的には、自己主張が激しく、我が強く、攻撃的人間の私。

これに相反して、彼女は、自分を強く主張することが少なく、自分を押さえて相手に合わせる、というところに、かなり長けていて、協調的人間といえる。

っで、そのことをいう私に、彼女は言った。


「ちがうねん、Keruちゃんは凄いねん、

私はアカンだけやねん。

ちょっと嫌な気持ちの時は、Keruちゃんに代弁してもらってたん」


そこで、辛辣CPAは、言葉を辛辣に吐いてくださった。

「単なる

”いい人”と

”悪い人”の

言動の違いですな」


最近アメリカナイズされた私達の感性は、

なんか、自己主張=自分をしっかり持っている、

と、勘違いしつつあるが、

日本人は相手を思いやる感性を大事に持っている、

譲り合いの国民性が誇りです。

仕事をしているあいだに、

なんかこのイメージは”悪”と捉えなくなって、

しかし、この友人に会うたびに、

なんとなく、そんな最近の自分を恥ずかしく感じる、

私です。

木戸愛を目指すの巻。

ゴルフの腕前にもう、期待はない。

目指すは。

Dsc_0028_2

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »