« 恐ろしく久しぶりの投稿。 | トップページ | merry Christmas »

2012/12/24

歩けなくなった足首。

急に痛くなった足首、ネタ。

随分前に、そう夏ごろにアップしました。

あれから、

「痛風」ちゃうか。

「アキレスけんの炎症」ちゃうか。

「りゅうまち」の症状そのものちゃうか。

MRI、血液検査、あらゆるX線検査、今度は横切りCT検査まで。

やりきったが、なかなか原因がつかめない。

そこで、出会いがあった。

買い物も、

お仕事も、

病気治しも、

なんでも、”出会い”だねえ。

整形外科医 嶋せんせい。

ある大学病院の人気先生、わりに若い。

私は横柄な奴ですから、

先生であろうと気に食わないと、あまり喋ってあげないのである。

そう、

相手も人間だから、「こんなオンナ治してやるものか」と思うかもしれないが、そこはプロフェッショナルではないか、だいたい外科医というものは「切りたがる」と一般的には言われている。

特に大学病院だと、やり過ぎ治療に陥ることがある、(と、聞く)、そして原因が明確ではないと尚更だ。

この先生も、私に言った。

「昔の古傷、骨折の際に砕け散った骨片が”いたずら”している可能性が高い、ゆるゆるに伸びきった靭帯が原因の可能性も高い。骨片をとる、と併せて靭帯を縮める手術を勧める」

「そんな小さな骨片をとることって、技術的には可能でしょうが、現実的ですか?」と聞いた。

とすると、

「骨のかけらだけを除去する手術はお勧めできない、やるなら靭帯の手術も一緒に」と、どうも、私の靭帯を縮めたがるのだ。

しかし、

ストレス検査というものを受けてみた。

若くてガタイの良いレントゲン技師が二人がかりで、
私の足首を力任せに捻りまげて、
”ストレス”をかけて、その骨片の動きをみるのだ。
(これはイタイ~っである、叫ぶ位にイタイ。それは骨がどうやらこうやらではない、二人がかりで、体でかい技師がひ弱な私の足首を掴んで写真を見ながら捩じる、握った足首にはくっきりと彼らの握り跡が青痣になったくらい。)

「痛いですか?痛かったら言ってください」
「捻じられることがイタイっですっ!!!」
「あ、それは辛抱してください」
「じゃ、聞くなっ!?」
みたいな。

すると、負荷をかけるたびに、

私の足首のゆるゆるの靭帯の合間を5つくらいある骨片が

うろうろと動くのだ。嶋ドクターは言った。
「こんだけ動いたら、そりゃイタイときもあるやろうな。。。」


と、いうことで年明け早々に、

この嶋ドクターの週一のアルバイト先の病院でオペすることになった。


5日も仕事を休む。

でも、仕方ないじゃん~。

足首が悪いんだからさ。


と、腹をくくった。

迷惑をもしかしておかけする方々には申し訳ないが、
ちょっと、楽しみではある。

自分でお金を払って入院するのである、それも一日18,000円の個室である(出張だって、こんな値段の部屋に泊まることないしね)。パソコン仕事はするつもりだが、基本は病人でしょ!?三食昼寝三昧である。ビデオ観たり、本読んだり、気をつけなくちゃ、私は暇になるとネットショッピングしまくる。欲しいものが数珠つなぎに思いつく癖がある。

これを考えると、贅沢な旅行みたいなものだなあ、

と、
その日を、


心待ちにしている。

« 恐ろしく久しぶりの投稿。 | トップページ | merry Christmas »

うんざり~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206078/56384251

この記事へのトラックバック一覧です: 歩けなくなった足首。:

« 恐ろしく久しぶりの投稿。 | トップページ | merry Christmas »