« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

2013/04/02

仕事の本質

ひさびさ投稿が、マイナスネタ。

とある駅で質問。
わたしはとある切符のプリペイドカードの種類を変更し、前のカードの残金精算がしたかった。
どこの駅なら、その処理ができるか、若い駅員さんに『古いカードの定期情報とチャージ残金を、新しいカードに移したいけれど、どこならできますか?こちらの駅でできますか?』


私は、
意外に、
こんなときに、
横柄な態度はしない、つたわらなかったり、処理を誤られるのがイヤだから、
極力、
丁寧に、
自分がナニをしたいか、
ナニを教えて欲しいか、
訊くことにしている。
(ただ、これが、
お前、
間違ったら許さんからな、
て、無言のプレッシャーをかけている、という説もある。


若い駅員さん『キホン、
ミドリの看板があるとこでしか、できませんねえ』

わたし『あ〜じゃ、大阪駅とかじゃないとできないんですね』
(そうなら、仕方ないと諦めかけてる、わたし。)


若い駅員さん『キホン、
そ〜ですね〜

(キホン?て、なんだ?)
『って、ことは、この駅では手続きできないんですよねっ?』(最近は、ほんま、間違いたくないのか、聞いたことしか答えてくれないフシが往々にしてあるからな。)
(だって、わたしはどの駅にミドリの窓口があるかは知らない〜あちらは当然見えてる、だろうと思い込んでるかもしれないが)

若い駅員さん『あ〜ミドリの窓口ならできます、キホン』

わたし『で、この駅でできますか?(って初めから訊いとるがな)』

若い駅員さん『はい、そのへんにあります』

そのへん、て、

どこやねん〜!?


あかん、ノンプロ。

ほんま、
相手がナニを聞いてるか、
考えろよっ!
キホン!

って、
私は、、
若い新入社員の、
母親ですから、
そのあたり、
寛容ですわよ。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »