« | トップページ

2018/09/09

本日はとある顧問先、ご勇退された会長のお疲れ様会。
お付き合いはリーマンショックの日本経済が、特に中小企業経営が最悪の頃。
一年近くスポットで雇調金申請を担いました。
地獄の時代、世は経済暗黒、「明けない朝はもしかしたらあるのか!?」
私は助成金で失敗をし、この大変な時期に助成金取れないという迷惑をかけた。
その上、私は覚えていないが結果、言い訳をした、
確かに忙しかった、しかし会長から
「経営者が失敗を社員のせいにしたらあかん!」と大きな声で叱られた。
落ち込んだ、けれど、この時の自分の情けなさ、悔しさ、は今の私の力になっていると思う。
それなのに会社が落ち着いたら、顧問契約をいただいた。
とても感謝している、以降もいろんなことがあった、その度色んなやりとりがあった、私も会社のために一生懸命させてもらった。

感謝の気持ちと、心からのお疲れ様でしたの気持ちを込めて、乾杯の辞を述べさせていただきました。

33年間、経理を支えた女性課長、5年前に退職されても会長とはお付き合いはあるようです、会社がしんどい時、自腹を切って助けたこともあるとか、今の時代にはあり得ない逸話です。
その女性課長は実はこの8月初旬に買い物途中に倒れ、救急搬送されて、一週間ICUに入っててんて。
この日を生き甲斐にリハビリして階段まで登れるようになったとか、
握手しました、
また会いましょう。

Nisshin

« | トップページ

ありがとうネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206078/67148530

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ